こんにちは、マナボックスの菅野(すげの)です。

ベトナムのスーパーマーケットでレジ待ち。

おばちゃん、スーッと何気なく最前に割り込み、、、、。

「え、並んでるんですけど、、、。」

ベトナムに住んでるあなた、こんな経験ありませんか?

「列にならんで順番を守る。」

日本で育った私には、当然の常識です。

けど、日本から離れた海外ではそれが通じないことがあります。

本日は、列の並び方に見る、国による文化の違いについてお話しようかと思います。

旅行した時、ちょっと役立つかもしれませんよ。

ベトナムは割り込み文化?

本日も、遭遇しました。

ハノイ工業団地のお客様に訪問した時のことです。

受付するために、会社名、目的、名前等を記載する手続きがあります。

あいにく込んでいたため、自分の順番が来るまで、後ろでまっていました。

そこに、運送会社の人が、

スーッとカットイン!(なんて自然なんだ。)

抜かされてしまいました。

今日は、なんだか腹が立ってしまい、

「おい!」

って注意しました。(いつも、まあいいやと流すこともあるのですが。)

 

なんでなんだろう?この事、ベトナムの人はどう思っているんだろう?と気になり、

事務所に帰ってから、自分の会社のスタッフに聞きました。

「なんで、ベトナムの人は列を作らないの?順番を守らないの?」

すると、スタッフは、苦笑いしながら

「時間をセーブしたいから、、、じゃない?」

とのこと。自分勝手だなー。

 

インドの並び方は、、、強烈、、、。

私、数年前まで、インドに住んでいました。

3年間ほどです。

本日の出来事があり、「インドではどうだったんだろう?」と思い返しました。

インドでは、、、、。

インドでの列の並び方

こんな感じ!

隙間なくびっしり!密着!

これ本当です。

私も経験しました。

メトロ(電車)に乗る時って、待たなければいけないですよね。

私も当時、メトロを使っていました。

その時、お尻になにか、

あたる。

お、痴漢か?

と思ったら、後ろの人が密着して、並んでいました。

理由は、、、

隙間が少しでもあると、人が割り込んでしまうからです。

「少しでも隙間を作ったお前が悪い。」という感じです。

それでは、日本は?

 

それでは、日本ではどうしょう?

よくご存じですよね。

日本人はお年寄りから子供までどこに行っても何かを待っても騒がずにきちんと行列を作って、自分の順番まで待っています。

2011年3月の東日本大震災の時、日本の人はきちんと行列を作って食べ物を待っていました。

騒ぐことも暴力もありませんでした。

この話は、世界中でも、とても有名みたいですね。

素晴らしいと思います!

まとめると、、、。

 

・ベトナムは割り込みされることが多い。

・インドでは割り込みOK、でも、させない。

・日本は、列を作って順番を守る。

こんな感じです。

ベトナム人の23歳の若いスタッフに、聞いてみました。

順番を守らない人をどう思うの?

「よくない。悪い。」

自分の子供が生まれて、その子供が順番を無視して割り込みしたらどうする?

「叱る!」

 

なんだか、10年後は変わっていそうです!

ちなみに「チョイオーイ!」とはオーマイガッ!って意味らしいです。

ベトナムでは、結構、よく聞く言葉です。