みなさん、こんにちは

ベトナム在住8年、公認会計士の永井です。

さて、今日はベトナムの税務調査っていつくるの?というテーマについてお話ししますね。

1.頻度は?

まず頻度ですが、実務上はマチマチです。

毎年調査が入るという会社もいれば10年間一度も入っていない、という会社もあります。

そんな中でも平均的には3年~5年に一回は調査が入るのが一般的です。

この5年というのには意味がありまして、実はベトナム税務上の罰金については遡及期限が5年間となります。

つまり5年を経過すると、たとえ罰金が発生するような案件であっても時効となってしまいます。

そのため、税務署側からすれば、罰金がとれる可能性が切れる前に企業の税務調査に入りたいという気持ちがあるんですね。

2.期間は?

それでは税務調査は何日程度行われるかという点ですが、こちらも実務上は企業規模によりマチマチですが基本的には1週間と思っていただければと思います。

月曜日に始まったら金曜日まで、3~6名程度で行われます。

ただし、移転価格などの複雑なポイントが論点となる場合は1週間では終わらずに長期化することもあります。
(一定の調査が終了後は、ずーっと現場調査がなされるわけではなく、その後は税務署などで説明・抗弁が行われます。)

また、もし企業が帳簿類をきちんと保管、整備していていないような場合には調査が中止となり、再度リスケジュールされて調査がなされることもあります。

3.対象期間

税務調査に関する通知があった場合は必ず<対象期間>を確認してください。

2013年~2017年、といった感じで対象期間が記載されています。

ちなみにベトナムの税務調査では、原則としていったん完了した期間について再度調査がなされることはありません。

4.調査対象となる税金

一般的な調査では全ての税金(法人税、個人所得税、VAT,外国契約者税)が対象となります。

みなさんは全ての税金について一度の調査でチェックされると思って下さい。

ただし、地域によっては<個人所得税だけの調査>と<その他の法人税などの税金>の調査が分かれているケースもあります。

もし2回調査が行われるとすると、、、、、、、、、会社としてはとても負担が多いです。

調査のための準備も、抗弁に使う時間も2倍になってしまいますね。

以上、今回は、ベトナムの税務調査っていつくるの?というテーマについてお話ししました。

文章では書ききれていない部分については動画も観てくださいね。
(チャンネル登録お願いします。)

それではまた明日!

 

◆◆◆◆日本人向け、5分で分かるべトナム税務動画◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<内容>
ベトナム現地でよくある質問から、法令改正、税務調査で指摘されやすいもの、日本における国際税務まで
https://www.youtube.com/channel/UCGTpIBmdpTonl-mxWDhqgAg

<収録数>
150本(一本あたり3~8分程度)

<公開、料金>
現在は一般公開中です。今チャンネル登録をしていただくと今後も費用かからずに閲覧できます。
将来的には有料化する予定です。お早めにご登録をお願い致します。

<講師>
永井義直、1981年生まれ東京出身、ベトナム在住8年、日本公認会計士、今まで200社を超える日系企業を支援している

◆◆◆◆ベトナム税務スポット相談サービス◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・顧問会計事務所に日本人がいない
・現在利用しているコンサル会社の質が低い
・会計事務所と契約しておらず、相談できる人がいない
・他社ではどのように対処しているのか、他社事例を聞きたい
・会社設立したばかり、赤字のため会計事務所と契約する予算がない

このようなご要望にお応えして「ベトナム税務スポット相談サービス」をスタートしました。
https://peraichi.com/landing_pages/view/3yfz7

 

◆◆◆◆ベトナム税務クイック診断のご案内◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
何も防御せず、戦略なくして戦を行うのか。
最低限の準備・防御をして戦に向かうのか。
弊社ではリスクアプローチに基づいた戦略的、効率的な税務クイック診断をご提供しております。
https://peraichi.com/landing_pages/view/9nogc

マナボックスベトナムHP
http://knowledgebox-japan.com/

この記事に共感して頂けたら
いいね ! お願いします