この記事はこんな人のために書いています。
  • ベトナムで会計・経理に携わっている。
  • ベトナムで社長をしている。管理系の職種についている。
  • ベトナムの勘定科目331について詳しく知りたい。

参考記事:ベトナムの勘定科目コードを覚える方法 2つのコツと8つの疑問点 【保存版!】

スポンサーリンク

331とはどんな勘定科目?

331は、『買掛金』です。

買掛金とは、主たる営業活動であるモノ(商品や原材料)やサービスを購入したが、まだ支払っていない金額のことを言います。掛け取引なんても言ったりしますよね。

製造業であれば、原材料です。商社であれば、商品です。

ポイントは、“主たる営業活動”という部分です。主たる営業以外で発生した場合は、未払金勘定科目となります。

 

 

勘定コード英語日本語説明

331

Accounts payable to seller

買掛金 

 

具体的な勘定科目の内容は?

以下の視点で見て行きます。

  • 業種別
  • 仕入先(国内?海外?)(通貨も違う)

まずは、業種別に整理していきましょう。

業種別という観点

製造業:原材料、部品を仕入れしたが、まだ、払っていない金額です。

例えば、ベトナムホンダが、部品を国内のサプライヤーから仕入した場合などです。

商社業:商品を仕入れしたが、まだ、払っていない金額です。

例えば、双日ベトナムが、商品を仕入した場合などです。

サービス業:外注先へ発注したが、まだ、払っていない金額です。

例えば、コンサルティングファームが、一部の業務を外注した場合などです。

仕入先別という観点

こちらは、ベトナム国内か?輸入か(日本とかタイ)?という点で分類されます。通貨だとほとんどが、JPYとUSDです。

まとめると以下の通りになります。

業種

仕入先

製造業

ベトナム国内

海外

商社業

ベトナム国内

海外

サービス業

ベトナム国内

海外

そんなに難しくないですよね。

よくある買掛金の一覧

  • ベトナム国のメインサプライヤーに対する仕入代金
  • 日本本社に対する原材料・商品の仕入れ代金

よくある買掛金の取引一覧

  1. 商品を掛で仕入した
  2. 買掛金を現預金で支払った
  3. 商品の代金を一部前払いした

この3つで問題ないです。

留意点として、ベトナムでは、通達上は、前払金を想定していません。したがって、買掛金(買掛金のマイナス)を、期中は、使います。

仕訳のイメージは以下の通りです。

 

1.商品を掛で仕入した

2.買掛金を現預金で支払った

3.商品の代金を一部前払いした

ぞれぞれ勘定科目を理解することは、あなたの会社の理解する上でとても重要ですよ!

社長はパイロットだ!海外子会社の社長の心得

是非お役に立てれば嬉しいです!