こんにちは、菅野(すげの)です。

私は、サウナに年に200回くらい通っています。主な理由は、海外での経営者としての仕事のパフォーマンスを上げたいからです。

参考記事:人生を変えるサウナ術 なぜ、一流の経営者はサウナに行くのか?【書評・感想】

本日は、上野のサウナ北欧についての感想をまとめたいと思います。日本に一時帰国した際に上野 カプセル ホテル 北欧に行ってきました。

2019年12月30日に一泊し、あの”北欧”のサウナをエンジョイしてきたのです。

北欧といえば、2019年に話題となったテレビ番組のサ道でもお馴染みですよね!

この記事はこんな人のために書いています。
  • サウナが好き。上野にある北欧が気になる
  • サウナでととのって仕事のパフォーマンスを上げたい
  • 北欧のサウナと水風呂と外気の特徴を知りたい
スポンサーリンク

上野 サウナ & カプセル ホテル 北欧とは?

繰り返しになりますが、ドラマのサ道でもよく登場するサウナです。

場所:東京都台東区上野7-2-16

上野駅浅草口より徒歩1分です。近い!

真っ赤なビルで真っ赤な看板が目印となっています。

公式HP:https://www.saunahokuou.com/

 

サ道でお馴染み!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サウナ&カプセルホテル北欧(@sauna.capsule.hokuo)がシェアした投稿

場所は以下の通りです!

受付は、こんな感じ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サウナ&カプセルホテル北欧(@sauna.capsule.hokuo)がシェアした投稿

私のインスタも載せておきますね。横にスクロールできます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tomohiro Sugeno(@tomoyoke)がシェアした投稿

以下のポイントで、レビュー・感想をまとめていきたいと思います。

●ととのえるか?

  1. サウナはあるか?温度は適切か?
  2. 水風呂は?温度は?
  3. 外気は?くつろげるところはあるか?

仕事ができるか?というポイントも私としてはあるのですが、北欧にはこれに適していないので省きます。

“ととのう。”には、

サウナ⇒水風呂⇒外気をワンセットとしてこれを繰り返すからです。

それでは、見て行きましょう!

北欧のサウナの概要

サウナは一つでした。

  • 温度:105度~
  • 広さ:20人くらい(大きい)
  • 砂時計あり、テレビあり
  • お尻の下に敷く、ビート板あり

なんといっても温度が特徴的!!すっごい!

着目すべき点は、温度ですね。

100℃を超えています!

私がいつも利用しているサウナは、90℃くらいですので、その違いをすぐに感じることができました。

髪の毛を触ると、あつい!って感じです。

写真(北欧のインスタ)も載せておきますね。

なので、汗の量もいつもよりすごかったですね。熱いのが好き!という人にはオススメです。

ただ、ウオーターサーバーがないので(足で踏んで水がでる機械はありました。)、水分や塩分を補給するためには、水などを持参しなければいけません。この点は留意ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サウナ&カプセルホテル北欧(@sauna.capsule.hokuo)がシェアした投稿

上野の”北欧”の水風呂は、温度がいい

  • 温度:15℃超くらい
  • 広さ:3人くらい
  • 場所:サウナのすぐとなり

いい感じの温度ですね。水風呂の温度はとても大事です。

 

水風呂の温度は、15℃程度。ベストな温度に近い?

北欧の水風呂の温度は、15℃程度です。これは、個人的にはかなりよかったです。

冷たい、気持ちいいを感じることができる温度でした。

「人生を変えるサウナ術、なぜ、一流の経営者はサウナに行くのか?」にも記載されています。

ベストな水温は、16.5℃ 僕らが16.5℃の水風呂に恍惚としてしまう理由

人体には温度センサーがある。温度センサーは生命活動の危機判断に用いられる。1℃あたりの違いを大きく感じる温度帯もあればそうでない温度もある。(25℃と35℃は、暑い寒いの違いを大きく感じるが、80℃と90℃はよく違いがわからない。)

実は、16.5℃という温度も実はこの境目にある温度だ。

これは医学的にはTRPA1と呼ばれる温度で、16.5℃の水風呂は、それまでずっと眠っていたこのTRPA1を叩き起こす。これによって身体は、生命の危機と気持ちよさのギリギリの境界の温度を感じ、それが僕らを恍惚感といざなう。

実際の水風呂はこちらです⇓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サウナ&カプセルホテル北欧(@sauna.capsule.hokuo)がシェアした投稿

外気浴、ととのいスペースは?

これが一番大事かもです。

  • 外気浴:あり!
  • ととのいスペース:リクライニングチェア3つ、デッキチェア8つ程度

さすが、北欧さん。これもありました。(当たり前か!)

お風呂のとなりには露天風呂があり、そのまわりにととのいスペースがあります。

こんな感じです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サウナ&カプセルホテル北欧(@sauna.capsule.hokuo)がシェアした投稿

水風呂を上がった後には、外気浴をととのいスペースによって存分に味わいます。

そうすることによって、”ととのう”ことも可能でした!

2019年12月30日と31日の朝、私は、サ道の舞台となった北欧でととのってきました。

北欧まとめ

項目

特徴

①サウナ

105℃以上であつい!汗をたくさんかきたい人にいい。

②水風呂

15℃

冷たくいい感じ 

③外気浴、ととのいスペース

露天風呂あるので外気あり。

チェアの数も十分

経営者は、日々ストレスとの闘いや、新しいアイデアを創出、そして行動して(失敗)いかなければいけません。

これには、強い精神力や、健康が必要です。そして、これにはサウナが効果的なんですね。

著名な経営者も、サウナに通っています。

また、社長は、経営数値についても見なければいけません。これについて効率的にノウハウとモチベーションアップしたい方は以下をクリックしてみてください。きっと、お役に立てます。

これまでに会計の経験がない。でも、海外子会社の社長になり、経営数値を見なければいけない。

そんな方のためのサービスです。

社長様の会計力アップ!コンサルティング支援の案内はこちら!