みなさん、こんにちは!マナボックスの菅野です。

この記事はこんな人のために書いています。
  • ベトナム子会社の会計・経理に携わっている。
  • ベトナムで社長をやっている。管理系の職種についている。
  • ベトナムの勘定科目の「法人税等」について詳しく知りたい。

参考記事:>>【図解あり】ベトナムの勘定科目コードを徹底解説!覚えるための2つのコツと9つの疑問点【保存版】

スポンサーリンク

821とはどんな勘定科目?よくある取引とは?

「法人税」等です。

Circular No. 200/2014/TT-BTCでは、上記の科目は、以下のように勘定科目コードが定められています。2つありますね。

勘定コード英語日本語
821Corporate income tax expenses法人税
 

8211

Current tax expenses

当期法人税

8212

Income taxes – deferred

法人税等調整額
  • 法人税:有限会社などの法人が得た各事業年度に所得にかかる税金。税務上の利益に、原則として20%を乗じた金額。
  • 法人税等調整額:法人税等調整額は「税効果会計」に従って発生。会計と税務の違いを調整する勘定

上記の法人税は、わかりやすいですよね。もし、あなたの会社が利益であれば、ベトナムに税金を収める必要があります。もう少し突っ込むと、税務上の利益と言うのが正しいです。なぜならば、すべての費用が、税務上の費用である損金になるとは限らないからです。例えば、ホアドン(レッドインボイス)がない費用は、損金となりません。

法人税等調整額は、ちょっと難しい話になるので今回の記事では、省略しますね。

四半期に納税をした場合や、確定申告で法人税を計算した場合ですね。

>>ベトナムの勘定科目333(未払税金 )について徹底解説!【勘定科目解説シリーズ】

本日は、ベトナムの勘定科目である821の法人税等について解説させていただきました。

勘定科目を深く理解することはとても大事ですよ。なぜならば、財務諸表は、あなたの健康診断書であり、通信簿であるからです。

財務諸表から、ビジネス活動をイメージするとなにか新しい発見があります。是非、試してみてください。