みなさん、こんにちは「マナボックス」の菅野です。

今回で、第56回目です。

人生を変えるモーニングメソッドという書籍はご存知ですか?「人生をもっとよくしたい」という人にお勧めです。書籍には、6つあります。特に瞑想・エクササイズ・リーディングが特にいいと思いました。私も、これを実践しています。

ベトナム人のリンさん(日本語2級で日本への留学経験あり!しかも若い!)と一緒にベトナムのニュースについて解説していくコーナーです。制約が大事なようです。成功している会社は、しくみである程度制約があり、自由もあるということが言えるそうです。

本日のテーマは、「10,000のYouTubeチャンネルの納税状況の確認:質の高い人材とテクノロジー・プラットフォームを持っている必要がある 」です。

りんさん
りんさん
こんにちは!リンです。
スポンサーリンク

10,000のYouTubeチャンネルの納税状況の確認:脱税を防止するために質の高い人材とテクノロジー・プラットフォームを持っている必要がある

りんさん
りんさん
今回はこちらを選んで翻訳し、解説しました。3月16日付けのニュース

>>10,000のYouTubeチャンネルの納税状況の確認:質の高い人材とテクノロジー・プラットフォームを持っている必要がある

エコノミストと税務当局の役員は、「現在の収益化機能を利用している10,000YouTubeチャンネルからの税務を管理し、税務上の損金を回避することができるようにするには、ベトナムはまだ納税しないYouTubeチャンネルを探すための人的資源と技術の専門家、及び厳格な制裁が必要である」と述べています。

 

ベトナムのyoutuberへの多くの対策は、果たして適切か?

情報・通信省によると、2020年末までに、ベトナムでは、収益化のステータスを表しているYouTubeチャンネルは約15千あります。ただし、そのチャンネル総数の30%(約5,000チャンネル)のみが、ベトナムにおけるYouTubeのネットワーク会社によって管理されており、十分に税務申告と支払いを行います。

経済学者や税務関係者によると、現在のマネタイズで1万のYouTubeチャンネルから発生する税金の損失を管理して回避するためには、ベトナムには人材と技術の専門家が必要だといいます。

実際に、YouTubeチャンネルを作成または利用しているすべての人が、このタイプからお金を稼ぐことができるわけではありません。

Eコマース分野でかなり知識のあるグエン・ティエン・クックさんは、「それはいっぱいお金を稼ぐ可能性のある仕事であると言われているが、誰もがYouTubeからのお金を稼ぐ方法を知っているわけではない」と述べました。クックさんによると、以前YouTubeからお金を稼ぐことが簡単でしたが、2018年以降、さまざまな要因のため、厳しく規制されるようになりました。

YouTubeを通じてお金を稼ぐのは簡単ではありませんが、情報・通信省の統計を見ると、Eコマースでの開発がトレンドになり、人気が高まっていることがわかります。このようなお金稼ぎ方法のおかげでお金持ちになった人の数もだんだん増加しています。しかし、約10,000YouTubeチャンネルが収益化アイコンをオンにしていますが、税務申告、または税金の支払いを行っていません。

各国でのYouTubeを含むEコマースに対する税務の管理と政策の制定は、目標・管理レベル、開発レベルによって異なります。ただし、全ての国々は、Eコマースが税務当局に多くの課題をもたらすという認識を共有しています。

 

税務総局によると、最近、この機関は、電子商取引の分野での税務管理ソリューションを強化するように各地方の税務局に指示するための多くの文書を発行しました。そのため、各税務局は、宣伝の促進、電子商取引に関する税務申告と納税を行う人への支援など、様々な方法を真剣に実施しています。

 

特に、財政省の指示に従い、税務総局及び各地方の税務局は、海外から組織や個人へのキャッシュフロー(実は給料、収入など)を制御するために、商業銀行と連携しました。

 

国家予算の電子商取引からの税収を失う理由が、法的文書がまだITの開発に追い付かないと専門家は述べました。さらに、新しいビジネスモデルとビジネス方法に対する十分な抑止力のない現在の制裁もその原因の一つだと言えます。

 

今年から、2019年の改正税務管理法で電子商取引に対する税務管理が合法化され、2019年の税改正税務管理法に関する具体的な指導についての政令126/2020/NĐ-CPも実施されると共に、その状況が改善されると予想されます。

 

Eコマースでの脱税を防止するためにハイテク人材が必要!

 

経済専門家のグエン・ミン・フォン氏は、「Eコマースでの取引といえば、ユーザーID情報を確認することが難しく、住所も簡単に変更できるため、取引に関する情報の管理は困難になった」と述べました。実際に、自主的に申告して納税する人が多いですが、脱税のケースも少なくないです。そのため、優れた基盤技術を持っている同時に、税務機関は、これらのケースに強力な懲戒処分を科す必要があります。

 

また、税務専門家のグエン・ゴック・トゥ氏(経営・技術大学の講師)は、「財政省や税務総局などの機関は情報・通信省と連携して、海外チャンネルと話し合う必要がある。それによる税務の管理は必ず効果があるようになるだろう」と述べました。

 

さらに、この専門家によると、Eコマースでの不正な取引を検出して防ぐ能力のある人材のチームが必要です。なぜなら、新しい政策が実施されると、Eコマースでの不正な取引を行う人々は脱税できるための最適な方法を見つけるからです。だからこそ、もっと厳格な経営管理の制裁、及びハイテクの人的資源と専門家が必要です。

ベトナムは、Eコマースへの課税強化か?

菅野 智洋 会計士  
菅野 智洋 会計士  

稼いでるYoutuberやEコマースで儲けている人への課税についての話ですね。

YouTubeを含むEコマースに対する税務の管理と政策について

りんさん

私の意見ですが、最近、ベトナムでは、YouTubeだけではなく、TiktokFacebookなどを通じてお金を稼ぐ人数が急速に増加しています。その人たちの3分の2は申告また納税しない人で、国家予算に大きな損失を与えています。その殆どは悪い目的のために脱税する人であるかもしれませんが、税務に関する認識がない人もいると思います。

しかし、なんと言っても、納税しないのは法に違反し、処罰されるべき行為です。

ベトナムの税務機関は、Eコマースでの取引に対する適切な管理の制裁とIT能力の高い人材に集中する必要があり、それによる現在の困難な状況を乗り越えることができるようになります。

菅野 智洋 会計士  
菅野 智洋 会計士  

はい!納税するにあたって、積極的になるといいですね。ベトナムという国が豊になるはずです。