今までなかった!?ベトナム人アカウンタントの採用、昇進に最適​​​​​

べトナム語によるベトナム人のための
経理実務能力判定テスト「kip」

ベトナム経理実務能力判定テスト「kip」は、採用時や昇進時には実務スキルを測る客観的な物差しとなります。また、ベトナム人経理スタッフの実務力・弱点の把握、継続的なスキルの向上、モチベーションUPに効果的です。

いい経理人材でストレスを 減らしたい社長様は 他にいませんか?

  • 採用時、昇進時に候補者やベトナム人スタッフの実務スキルや経験を客観的に測る物差しがなく不安だ
  • 税務も含め経理業務はスタッフにほぼ任せているが、その知識レベルについて不安がある
  • チーフアカウンタントの経理スキルが不安だ、、、。ナンバー2の方が優秀なのでは、、、?
  • check
    年度計画に経理スタッフの育成と掲げたけどどのように評価して、計画していいかわからない

ベトナム経理実務能力テストkipはこのような悩みを解決するために生まれました

KIP試験の3つの特徴とは?

①実際の証憑から作成

問題は実際の証憑から構成、税務も含めた経理全体プロセ
スから構成されます。

■売上や仕入れ、人件費、原価計算等の各種取引の契約書や請求書等の証憑類から 問題は構成されています。

■本テストは会計だけでなく、各種税務申告も作成するシュミレーション形式を採用しています。

②記述式​なので実力が反映

記述式で仕訳帳、製造原価報告書、財務諸表、各種税務
申告を作成します!

■ 全ての取引について仕訳を作成

■損益計算書、貸借対照表

■各種税務申告書

③個人別成績表で強みと弱みを詳細に把握

個人成績表には各区分(売上、固定資産、原価計算、法人税、外国契約者税など)毎のスコアを表示します。また全ての問題(項目)について、出題内容と解答の正否を明らかにします。これにより受験者の弱点を詳細に把握できます。

Kip テストの4つの効果とは?

採用ミスの回避

適切な昇進

の継続的なスキルアップ

税務リスクマネジメントのUP

正直、ベトナム人の履歴書ってスバラシイ! でも、実際のところは、、、。

仕事上、たくさんの経理人材の履歴書を拝見してきました。 その印象を一言で言うと、、、、。 すごい!十分すぎる経験だ! こんなこともできるの? 素晴らしい内容の履歴書ばかりです。ベトナムの人が記載する履歴書。正直、すごいです。なんでも 出来るスキルが備えてあるように見えてしまうことが多々あります。 しかし、履歴書は時に信じられないことがあります。


こんなエピソードを紹介しますね。 ある会社様の新規アカウンタント様の採用に、この Kip recruit を提供させて頂いた時です。 年齢は 30 歳くらいの女性で、履歴書は、前述の通り、完璧でした。 しかし、試験当日、試験を目の前にしたとたん、帰ってしまったんです。つまり、逃げてしまったん です。 自信がなかったんでしょうね。結局、その会社は、その人を採用することはなく(当然ですが)、後 日、Kip recruit を受講した点数の高かった若い女性を採用しました。結果的に、すごくいい人材を 採用したことになりました。もしも、この試験を受けていなかったら、、、、、、。 今頃、この会社の社長様は、いろいろ苦労していたかもしれませんね。


この試験には、限界があります。完璧ではありません。

人材の能力は、誤解を恐れずに言えば次の 2 軸で整理できます。 それは、マインドとスキルです。

 マインドとは、あなたへの共感度や性格という理解でいいかと思います。


せっかく雇用しても、いつ もムスっとして話しにくい、、、、。言う事を聞いてくれない、、、。提案もないし、、、、。態度が反抗的、、、、。 文句や愚痴ばかり言っているし、、、、、。リスペクトがないし、、、、。 マインドがよくない、悪い人材とは一緒に働きたくないですよね。


あなたにとって、全くいい事はあ りません。 海外経験豊富なあなたも、実際に経験あるのでないでしょうか。このような人と一緒だと仕事もつ まらないですし、あなたの組織にいい影響を与えることはありません。


 この試験では、残念ながら、マインドについては評価できません。やはり、一緒に働く人はマインド が一番重要です。マインドがいい、同じ方向をきちんと向いてくれる、そういう人材と働きたいですよね。あなたの雇用した人材のスキルがいくら高くても、マインドがダメなら雇いたくないでしょう。

それでも、“スキル”があるということは、優秀だという事。あな たのストレスを劇的に減らすことに!

確かに、マインドが最も重要です。しかし、スキルも軽視できません。実際、この経理試験 Kip は 延べ 250 人以上が受講して頂いています。


そして、点数が高い人は、やはり優秀な人が多いです。実際に、その方とお話ししても話をきちんと 汲み取ってコミュニケーションもスムーズにできます。

実際に点数の高い人材を採用した社長様に 聞くと安心して業務を任せることができますし、ストレスが抱える事が少ないようです。


そして、業務の成果物の質も高いです。


日本本社からの監査も 1 人で対応してしまうという人もいました。頼 もしいですよね! 逆に、この経理試験の点数があまりに低く過ぎると、、、。


 はっきり言いましょう!


それは大変です。


本当に、やばいです。


 経理・税務知識自体はもちろんです。加えて、社長であるあなたにコミュニケーション面でものすご く大きなストレスを与える可能性が低くありません。 経理・税務についての説明がイマイチであることは想像がつきます。 「大丈夫です!問題ありません」と言って、実は間違っていた、なんていうことは実務上、多くあり ます。また、論理的な思考ができる人材でない可能性が高いという印象です。そのため、基本的なコ ミュニケーションで苦労することがとても多いです。


ただでさえ、海外コミュニケーションが大変なのに、大事なチーフアカウタント様とのコミュニケ ーションがうまくいかなかったら、、、、、、。


「なんでわかってくれないの!!(怒・悲・涙)」


毎日、大変ですよね、、、、、。

テストの概要

出題範囲

ベトナム会計税務実務

言語

​ベトナム語

​料金

2,000,000VND/一人当たり

実施時期

原則:ハノイ市内オフィス、HCM市内オフィス

個別開催:ベトナム全土、ただし個別開催費用が発生します。

対象

ベトナム人アカウンタント

​主催

​マナボックスベトナム

Kipテストの進め方

​①申し込み
②日程決定
​③テスト実施
④採点
⑤結果送付

​お客様の声

お客様の声① HAMADEN VIETNAM CO.,LTD様


経理部のレベルアップのため、人材育成が必要。 そんな中、経理スタッフのスキル評価及び強化ツールとしてkipテストを導入


経理部のレベルアップのため、人材育成が必要。 そんな中、経理スタッフのスキル評価及び強化ツールとしてkipテストを導入 浜名湖電装株式会社の海外拠点であるハマデン・ベトナム社「HAMADEN VIETNAM CO.,LTD.略称:HDVN」。2008年にハノイ近郊に生産工場として設立、現在の総従業員は2,000人超。 本社経理室の深谷氏は、現地の「経理体制のレベル向上」というミッションのもと2015年からベトナムに駐在。そのような中、 「経理実務テストKip」を導入した経緯は?また、その効果は?その答えについて深谷氏に聞く。


HAMADEN VIETNAM CO.,LTD様の事例

ここがポイント!


① 会計・税務のスキルを客観的に評価する“モノサシ”として活用。

② OJTを補完する育成ツールとして活用。
③ 経理メンバーへのスキルアップの動機付け、目標管理として利用

お客様の声② AS'TY VIETNAM INC様



経理スタッフのスキルを客観的に評価するため、kipテストを導入。 苦手分野を把握し、トレーニングを行うことでスキル強化


バック、鞄、財布・小物、服飾雑貨の製造、加工並びに輸出入を手がけるAS’TY VIETNAM。野村ハイフォンにて1997年8月設立、1998年6月に操業開始している。従業員の数は約400名。 客観的な評価がなかなか難しい経理業務。そのような中、同社はどのように「経理実務試験Kip」を導入し、利用したのか? また、苦手分野を克服するためにどのように「税務トレーニング」を導入したのか?その効果は?取締役の矢部氏に聞く。
詳細は下記をご参照ください。
AS'TY VIETNAM INCの事例

ここがポイント!


①経理人材の実務スキルを客観的に評価するツール。

②弱点を把握しそれを克服するための効果的なトレーニングの導入。
③経理メンバーへのスキルアップの動機付け、目標管理にも利用したい。

​テスト開発者の紹介

永井義直(公認会計士)

・1981年9月16日東京都府中市生まれ
・2000年城西大学付属川越高校卒業
・2004年明治大学商学部卒業
・2006年公認会計士試験合格
 大手監査法人入社
・2010年ベトナム日系コンサルティング会社ハノイ事務所に入社
・2014年株式会社マナボックス設立
・2015年マナボックスベトナム設立


Nguyen thi Loan (税理士)

・2008年~15年、ベトナム日系大手コンサルティング会社の税務マネージャーとして170社を超える日系企日系企業を支援 現在までに800名超の経理人材を対象として会計・税務を教えてきました。

2015年より出資者兼ディレクターとしてマナボックスへ参画「ベトナムNo1の経理実務教育プログラムを作りたい」との想いから経理実務テスト「kip」、ベトナム税務リスクマネジメントチェックリスト、e-ラーニングを開発

この試験は、マナボックス代表の永井とロアンが、日系企業の数十社の実際の取引を調査し、共通 で繰り返し発生する取引を抽出して問題にしています。そのため、重要な取引が試験の問題になっていると 言えます。


そして、この試験は、経理実務力を図る試験です。すなわち。実際のインボイスや発注書から問題が 成り立っています。

まさに、経理・税務の実務の力が図る事ができます。 また、おかげ様で、前述した通り延べ 250 名の方に受講して頂いております。


そのため、実力と点数の傾向がわかります。例えば、チーフアカウタントであれば、これくらいの点数あればいいなあと いうのが点数、数値で理解できます。

つまり、客観的な評価が可能となるのですね。

よくある質問

Q ハノイ市内、ホーチミン市内以外で開催できますか。

Q 自社工場で開催してもらえますか。

Q 成績結果について他社との比較や弱点などの解説はしてもらえますか。

Q 採点結果、個人成績表はいつ送付してもらえますか。

無料プレゼントの案内!

ベトナム税務調査の極意を知る!セミナー資料34ページ

ベトナム在住8年超、200社以上の日系企業、数十の税務調査と向き合ってきた日本人会計士がベトナム税務調査の現地のリアルな実態、ノウハウをお伝えするセミナー資料、パワーポイント34ページを特典で差し上げます。ネットや書籍にはないリアルな現地の実態を知りたい方にお勧めです。


申し込みお待ちしております。

まずは、メールにてお問い合わせください

まずは以下のフォームからお気軽に、無料相談をお申し込みください!

お問い合わせ内容(複数選択が可能です。)
ベトナム進出、M&A、設立登記支援についてベトナム会計・税務についてベトナム人事・労務・法務についてベトナム管理会計導入について業務見える化・標準化についてベトナム経理人材育成・採用・能力テスト無料プレゼントについて

©Copyright Manabox vietnam .All Rights Reserved.