≪簿記2級≫+≪日本語≫の若くてやる気のある
ベトナム人と一緒に働きたい社長様は
他にいませんか?

ご紹介します!ベトナムに進出している日系企業のための
新しい人財です。

ベトナムに進出している
日系企業でよくある悩み。
経理の専門知識があって、日本語を話せる
人材がもしいたら、、、。

ベトナム進出している会社の社長様は、経理業務についても無関心でいることはできません。


なぜならば、決算書は、あなたの“通信簿”であり、本社に月次決算書を報告する義務があるからです。


また、日本本社側でもベトナム側の経理状況については、そろそろ気になる時期ではないでしょうか?

設立から3年経ったけど業績が芳しくないという会社もあります。


グローバル化進む日本経済では、ベトナム拠点が、ますます重要となってきています。


このような状況の中、ベトナム人の経理担当者・チーフアカウタントと専門的な用語でのお話しも必要になる場合が必ずあります。


しかしながら、日本語のスキルが十分なベトナム人経理担当者は、現状いません。通訳者を通して、コミュニケーションをしている状況がほとんどです。


もし、、、、。


≪日本語≫+≪経理の専門知識≫


のベトナム人の経理担当者がいたらいいと思いませんか?



ベトナム子会社の社長である、あなたが、以下の経験があるのなら、、、。

  • 通訳者を通して、ベトナム経理についてコミュニケーションすると、時間もかかるしストレスがたまる。
  • 通訳者の話した内容と、経理担当者チーフアカウタントの言っていることが実は全然違った。後から炎上して大問題に、、。
  • 経理用語や原価計算の用語は、専門的なので通じてるか不安、、、。
  • 売上金額が、前月比較で増加しているのに利益は減少。この理由の説明が、まったくわからない。イライラ、、、、。
  • 日本とのやり取りのためにわざわざ日本人の経理担当者(しかも、経験なし、、、)を雇用しているが、コストと見合ってるか不安、、、、。
  • 日本語じゃないし日本語通じないので、決算書をじっくり見るのを諦めてしまった、、、。

もし、あなたが日本本社の管理者であるならば、、、。

  • ベトナムの経理の状況をすぐ知りたくて質問するが、返答がない。回答がよくわからない。
  • ベトナムの財務諸表の特殊なところについて、よくわからないまま。3年たってしまった。金額が整合していない。
  • 日本とベトナム側で整合性のある決算書を作成したいが、なかなか、うまくいかない。
  • ベトナム側の書類がまったく、わからない。すぐそばにベトナム語と日本語がわかる人がいれば助かるのに。

ベトナム人財で解決できます!

この人財のその3つの特徴とは?

超実務的!

簿記2級のスキル

ACCOUNTING SKILL

簿記2級のスキルの内容は、秀逸です。

経理の内容はもちろんの事、社長に有用な情報を提供する管理会計も含まれます。

日本語力と日本の文化を兼ね備えている!

JAPANESE LanGUAGE Skill

ビジネスレベルの日本語を理解できます。それに加えて、3年以上の留学を経ているため、日本の文化や考え方理解しています。

若くて素直!いつもやる気と笑顔☺

YOUNG and MOTIVATED

このベトナム人財は、若いです。そして、国と同じで、成長中です。ネガティブな発言はありません。素直でやる気に満ち溢れています。

日本語+簿記2級+
ベトナムの
人財で、
海外子会社の抱えてる
経営課題を解決!

もし、あなたのそばに上記のような人財がいたらどうでしょう?


月次決算書の質問には、経理的な視点で、しかも、日本語で直接、回答してくれます。

つまり、「全然、ちがうじゃん!」っていうミスコミュニケーションが劇的に減少します。あなたのストレスも減り、しかも、無駄な時間の浪費を解消します。

さらに、あなた自身が、管理会計を学ぶためにも、いい刺激になるはずです。


​一方、日本本社の経理部門からの質問も、きちんとあなたに砕いて直接、説明できるでしょう。場合によっては、日本本社と直接コミュニケーションしてくれる事も期待できます。


さらに、若くてやる気のある素直なベトナム人が、あなたの会社の活気をもたらしイキイキとさせてくれるでしょう!


なぜ、このような変化を起こせるのか

日商簿記は企業が求める資格NO.1!!
しかも、簿記2級の内容は実践的で経営で使える!


「簿記知識」は、世界共通の「ビジネス言語」です。したがって、日々の事業活動を記録し決算書を作成したり、事業会社の経営状況を分析する上でも欠かすことのできない重要な基礎知識です。

さらに、日商簿記2級の範囲は、商業簿記のみならず工業簿記が含まれます。

つまり、原価計算が範囲に含まれます。したがって、標準原価計算、コスト管理、CVP分析の基礎をマスターしています。


つまり、“管理会計”の知識です!


あなたの会社でも、原価計算での管理や損益分岐点分析は必要です。

日商簿記2級は、より、経営的で実践的な視点を持つことを可能とします。

ビジネスレベルの日本語と日本文化・考え方を理解している。


日本で3年間程度留学するベトナムの方なので、日本語のレベルは、ビジネスレベル。しかも、日本の事が大好き、日本の文化(マンガやアニメなども)も大好きという人ばかりです。


日本人とやりとりするにあたって、言葉のみならず、日本式の考え方や常識についても理解している必要があります。日本での複数年の留学の経験により、この点についての理解が深まっています。


そのため、ミスコミニュケーションが劇的に減り、ストレスも減ります。また、さらなるベトナムと日本のビジネスの発展も期待できます。



モチベーションが高く、素直で若い人材と働くということに。


日本語だけでも、勉強熱心でやる気のある若者です。それに加えて専門知識である簿記2級の保持者です。

日商簿記2級の合格率は、20~50%程度。一般に約300時間の学習で合格できると言われています。しかし、これは、日本人に対しての統計です。ベトナム人なら、言葉のハンディキャプがあります。そのため、日本人以上の努力が必要です。


想像してみてください。


日本人が、もしベトナムの経理資格を取得するとなると?


2倍も3倍も努力が必要になりますよね。ベトナム人で簿記2級を取得する人は、努力を2倍3倍もしている人です。


しかも、若くていつも笑顔です。そして、仕事に対しては、“素直”です。スポンジのようにあなたの言うことを吸収していくでしょう。さらに、外国の人であるからこそ、今働いている日本人従業員にも、教えるという文化が広がり、会社全体がイキイキすることも期待できますよね。


史上初!簿記1級を取得したタイン氏が
簿記2級の取得をコミット!

ベトナム人が日商簿記を教えるから効果的!

若干24歳で簿記1級を取得したタイン君が、ベトナム人に日商簿記を教えます。


簿記1級の合格率はなんと、10%程度です。

はっきり言ってかなり難関です。


簿記の理論を母国語であるベトナム語で学び加えて日本語でも学ぶことができます。

そのため、効果的かつ効率的に簿記2級をマスターすることを可能とします。


そこで、お願いがございます。

ここは、必死で勉強しているベトナムの方のためにお願いできないでしょうか?


現在、日本語を話せて、簿記2級のスキル取得のため、ベトナム人を教育中です。 


ですから、正直なところ、この日本語+簿記2級の人財は、現在、多くはいません。


しかし、弊グループの教育により、この人財を増やしていく予定です。日本に留学しているベトナムの方も必死で努力しております。


そこで、現在は、アンケートにより皆様の意見を聞いている状況です。


下記により、アンケートをお願いできないでしょうか? たった、2分で終了します。

無料プレゼント実施中!

アンケートに協力お願いしてくれた方には、以下のプレゼントを差し上げます!


特典1:ベトナム簿記2級+日本語人財についてのアンケートの結果のサマリーレポート

(グラフとコメント)※ある程度サンプルがそろってからになります。



特典2: 月次決算書の経営分析すらすらテンプレート(事例付き)

(これにより、あなたのベトナム人スタッフが、月次分析をしてくれるようになります。)



なお、上記特典は、限定50名までとさせていただきます。

ベトナム人の日本語+簿記2級人材についてのお問い合わせは以下よりお願い致します。

どんなことでも気軽にお問合せください。(採用についてもちろんのこと、ベトナム人に簿記を教育したいという場合でもかまいません。)

©Copyright Manabox vietnam .All Rights Reserved.