こんにちは、すげのです。

この記事はこんな人のために書いています。
  • ベトナムに住んでいる。
  • ベトナムの証券市場に上場している会社に投資したい。
  • その具体的な方法を知りたい。

この記事を読んで頂くことによってベトナム株式投資に必要な証券口座開設が流れがわかります。

ベトナムは、成長著しい国ですから、投資もあついですよね。興味深々。

それでは、いってみましょう!

スポンサーリンク

SSI証券での証券口座開設の大きな流れ

1
ウェブにてSSI証券に問い合わせして案内をもらう

ウェブを通じて問い合わせして案内をもらいます。

2
パスポートとレジデンスカードを公証する

公証します。

3
SSI証券から送られてくる開設書類へのサイン

たくさんの書類あります。

4
送付して待つ。

準備した①公証済みの書類②申請書等を郵送で送付します。 口座開設まで3週間程度かかる場合もあり。

5
口座開設したら入金⇒取引開始可能

証券口座開設されたら入金です。

それぞれ、解説して行きますね。

STEP1:SSI証券に問い合わせして案内をもらう

メールか電話で問い合わせ

以下のURLからSSI証券のウェブにアクセスします。

>>SSI口座開設へ

以下のような画面です。案内にそって連絡します。

今回は、メールしました。電話でも大丈夫だと思います。

1日後、担当者からメールがきました。

契約書書類等を作成するために必要な【基礎情報】を送付

以下の情報を求められるので、埋めて送付します。

  full_name 氏名 (姓・名)(SurnameGiven name) =

  sex 性別=

  date_of_birth 生年月日(dd/mm/yy)=

  place_of_birth 本籍=

  parmanent_address 住所=

  zip-code コード=

  passport_number パスポートナンバー=

  date_of_issue 発効日(dd/mm/yy)=

  date_of_expire 有効期限満了日(dd/mm/yy)=

  place_of_issue 発行官庁=

  tel_number 電話番号=

  fax_number ファクス番号=

  e_mail メール=

以下のように記載して返信しました。

 

STEP2:パスポートとテンポラリーレジンスカードを公証します。

次に公証です。

以下のリンクで詳細に解説しました。

>>ベトナムでパスポートやテンポラリーレジデンスカードを公証する方法を徹底解説!【写真あり】

STEP3:SSI証券から送られてくる開設書類へのサイン

SSI証券の方から丁寧なメールが来ます。開設のための書類がPDFにて添付されています。

SSI証券の担当の方が、STEP1で送付した【基礎情報】に基づいてあらかじめ情報埋めてくれた申込書等を送付してくれます。

具体的には、以下の書類がPDFにて送付されてきます。口座開設書類は下記の通りです。チェックリストのように利用してくださいませ。

漏れのないようにチェックしながら、記入すると意外と時間かかります。私は、スタッフに打ち出してもらったり、力をかりました。

書類名

備考署名したか?

■証券取引コード申請書類

1.1_Securities trading code application (1通) 

-外国人の証券取引コードの申請書

1.2_Power of Attorney (1通)

委任します。

取引コードの申し込み委任書

■SSI証券会社との証券口座開設書類

③2.1_Application and Securities Services Agreement (2通)

証券口座開設契約書

④2.2_Tariff for investor (1通)

手数料について合意します

⑤2.3_E-trading registration-form (1通)

ウェブトレーディングサービス申込書

⑥2.4_SSIのPower of Attoney(2部)

委任状

■BIDV銀行との海外間接投資用口座申請書類

3.1_PROPOSAL CUM CONTRACT OF CUSTOMER INFORMATION AND ACCOUNT SERVICE REGISTRATION (1部) 

3.2_COMMITMENT (1部)

 

3.3_Documents transaction authorization letter (1部)

 

3.4_DOCUMENTS TRANSACTION AUTHORIZATION LETTER (1部)

 

3.5_REGISTRATION BANKING SERVICE(1部)

 

こんな感じ!結構ありますよね!

これらを郵送します。

STEP4:送付して回答を待つ。

待つこと約3週間、4月13日にメールが来ました!

SSI E-Trading: 口座有効化の通知 – Active account notification

 
 
 

次は、口座にお金を入金です。証券口座への送金方法ですね。こちらもメールに詳細が記載されています。

①【現金】で入金する

②【銀行送金】日本国及び他の国の銀行から送金する

①は、2つあります。

①-1、訪越する際、現金を持ち込んで資本拠出口座に入れるのは可能です。しかし、ベトナム入国の際、出入国カード(税関申告)があります。

それにベトナムに持ち込む金額を報告することが必要です。口座へは出入国カード(税関申告)に書いている金額以下しか入金できないようです。

①ー2、ベトナムで働いて取得したお金をこの口座に入金することも可能のようです。収入の証明書(労働契約書や申告書等だと思います。)を銀行に提出する必要があります。

これ(①ー2)についても。ベトナムに駐在している人は以下の二つ方法があります。

①ー2➊インターネットで送金。給与収入の証明書が不要

例えば、BIDV口座へ送金する時、2通常送金で使用、領収書(Payment Order)に“内容=Remarks”は

「Transfer from salary account」 を必ず記入する必要がある点が留意点です。

①ー2➋ベトナムの国内銀行の窓口に直接に行って、送金する方法。この場合は、給与収入の証明書が必要です。

BIDV口座へ送金する時、領収書(Payment Order)に“内容=Remarks”には、

「Transfer from salary account」 を必ず記入する必要があります。

私はベトナムで働いているので、①-2ですね。

留意点⇓

口座開設されてから6ヶ月以内に取引や最低維持金額がなければ、IICA口座は自動的に閉鎖されることです

STEP5:口座開設したら入金⇒取引開始可能

いまここ。近日アップデートします。

>>ベトナムの銀行でインターネットバンキングで振込をできるようにする方法【TP Bank編】