社長様!これだけは抑えましょう!社長が抑えるべき10 個の経営指標、分析の無料ダウンロードページ

 

ベトナムで社長をされている方はいろいろ苦労されている方が多いかと思います。言葉、文化、食事が違う環境だから当然といえば当然です。特に経理、会計については本当に苦労されているとよく聞きます。
その主な理由として日本で働いているときは会計、経理とは一切かかわりのなかった仕事をされてきたことがあげられます。

なぜ、ベトナム、海外子会社の社長は経理を無視できないのか?

それでも、社長様は、残念ながら“経理”を無視できません。なぜならが、経理から出てくる損益計算書などの財務諸表は、あなたの通信簿だからです。

ここだけ抑えましょう!抑えるべき経営指標、10個だけで十分!

本来、経営指標、分析はそれだけで一冊の書籍が出来てしまうほど奥が深いものです。しかしながら社長様にそんな知識は必要ありません。

本、無料レポートでは、実際に海外の製造会社の経営管理の責任者として従事してきた菅野が厳選した経営分析だけをわかりやすく解説しています。

・10個に厳選している。

・実際の海外でも失敗事例も、記載してるからリアルで実践的

・ストーリーがあるから頭にきちんと入る。

といった特徴がございます。

『会計がわからんで経営ができるか!』

あの有名な、京セラ創業者の稲盛和夫さんの言葉です。

ドキッ!

身に沁みますよね、、、、。

でも、成功している経営者で会計を重視してない方はいません。ソフトバンクの孫正義さんやユニクロの柳井正さんも会計をとても重視しています。

 

『でも、ベトナム海外子会社だし、会計と経理は、本社にお任せだから、、、、。』

そんな風に感じている方もいるかもしれません。

しかし!!!

会計のスキルは、いまやビジネスマンにとって必須!

いずれ日本に帰任されると思います。その時は、役員候補になっている人もいるでしょう?

その時に、会計がわからなかったら、、、、、。

厳しいようですが、話になりません。経営会議にもついていけません。

ベトナムの海外子会社の社長になったのチャンス!

会社の全体を見れるというチャンスは、めったにありません。物凄いチャンスなのです!

だからこそ、会計のスキルを身につける絶好のチャンスでもあるのです。

是非、この無料レポートを活用してあなたの会社のことを経営分析により評価してみてください。

会社も改善しますし、あなたの会計力ひいては、ビジネス力が間違いなく向上しますよ!(昇進も期待できますよね!)

PS

稲盛さんも、製造の専門で、会計の専門ではありませんでした。そう思うとあなたにもできると思いませんか???

『社長様がおさえるべき経営分析10個』の無料レポートを入手した人は、今すぐダウンロードしてください!すぐできますよ。