みなさん、こんにちは「マナボックス」の菅野です。

今回で、第95回目です。

マーケティングの流れを誤解を恐れずに言えば①リードを増やす②成約する(クロージング)③顧客でいてもらう。です。この3つという流れがわかっていればスタッフのみんなもマーケティングに関わるということです。品質を高めたり、人間味のあるサポートをしたり。なので営業などフロントにいる人だけがマーケティングをしているわけではないのです。

ベトナム人のTrangさん(日本語2級で簿記三級取得者)と一緒にベトナムのニュースについて解説していくコーナーです。

本日のテーマは、「ベトナムが外国から投資する機会を逃す可能 経済の早期再開をする必要」です。

Trang さん
Trang さん
今回はこちらを選んで翻訳し、解説しました。9月19日付けのニュース

>>ベトナムが外国から投資する機会を逃す可能 経済の早期再開をする必要

スポンサーリンク

ベトナムが外国から投資する機会を逃す可能性 経済の早期再開をする必要

外国企業は、ベトナムが直ちに行動しなければ、景気回復及び海外から投資される機会を逃す可能性があると評価した。

 

在ベトナム米国商工会議所(AmCham)、在ベトナムヨーロッパ商工会議所(EuroCham)、在ベトナム韓国商工会議所(Kocham)、米ASEANビジネス評議会という4団体の在ベトナム外国商工会議所は、ベトナム国のファムミンチン首相及び各副首相に早期の経済再開策を促す書簡を送付した。

 

現在、多くの企業グループがサプライチェーンを多様化していき、中国を離れる傾向がある。そのため、ベトナムが貴重な機会を逃さないように、直ちに行動しなければならないと外国人投資家は2度も強調した。このように、域内や世界におけるベトナムの経済競争力を維持し経済回復に遅れを取らない4団体は、感染対策と経済発展の両立を目指す政府の方針を支持すると表明した。

 

しかし、これを達成するには、企業は近い将来生産を再開するための明確な戦術を設定する必要がある。これらの協会が実施した調査の結果によると、少なくとも20%社が中国から他国への生産拠点を転移してきた。

 

同協会は、生産ラインが他の場所に拡張されたのだとしたら、元に戻すことは不可能だと強調した。

 

ベトナムが外国から投資される貴重なチャンスを失うかもしれないと言われている。書簡は経済の再開に向けたロードマップについて言及し、「もし明確な計画を提示できなければ、外国企業の投資は増えないだろう。ベトナムに進出済みの企業の大半は投資計画を凍結している。ベトナムへの新規投資も足踏みすることになる」と警鐘を鳴らした。

 

この問題を解決するにはワクチン接種が鍵となる。4団体ベトナム政府に対し、医療関係者や高齢者、基礎疾患を持つ人、必需品や医薬品の配達・小売従業者、工業団地や港湾などの労働者へのワクチン優先接種を要望した。

 

また、外国人投資家は、外国人を追跡、特定、アプローチするためのアプリを作る必要があることに同意した。一方、予防接種の記録を入力し、ワクチン2回接種を受けた外国人に「グリーンカード」を発行する必要である。

 

行政管理のシステムは企業のより多くの電子文書を受け入れる必要がある。これにより、コロナ禍の時期にも貿易と投資が順調に進まれるほか、デジタル経済の革新と成長を促進させる可能になる。

 

その他、各協会も食料安全保障及び栄養が最優先事項であることを強調した。ただし、最近、新型コロナウィルスの感染防止政策を適用していることにより、多くのサプライチェーンが混乱され、困難に直面している。そのため、食料安全保障と雇用を確保するために、政府はレストランを重要なパートナーとみなすべきである。

 

さらに、全国の省庁は緊密に協力し、輸送活動、COVID-19の迅速なテスト、検疫ポリシー、および新型コロナウイルス感染者をコミュニティから急速に分離することなどを柔軟に実装する必要がある。これにより、労働者の安全が確保されるとともに、企業の生産活動への影響も軽減されるかもしれない。

 

今は観光産業を安全に再開することに関する計画を設定するための適切な時点である。ベトナムは再び国内旅行客に限らず、外国人観光客を魅力する主要な観光地になる。「フーコックでのパイロットプログラム及びバリアブンタウ緑の回廊プロジェクトという提案を支持し、首相と協力して安全で堅固な方法で観光産業を再開することを希望している」という意見を外国企業の代表者は述べた。

日系企業からのベトナム投資も減少するのか?

菅野 智洋 会計士  
菅野 智洋 会計士  

本日は、ベトナムへの外国企業からの投資のお話ですね。確かにコロナの影響もあり、ベトナムに入国できない、設立の手続きも遅延しがち。ということから投資への積極性が薄れてきているような印象はあります。日本人駐在員の帰国も増えてきていますし。

在ベトナム米国商工会議所(AmCham)、在ベトナムヨーロッパ商工会議所(EuroCham)等はの在ベトナム外国商工会議所は、ベトナムに大して早期の経済再開策を促す書簡を送付した。

  • ワクチンパスポート
  • デジタルへの移行(手続面)

への改善をもとめる。

Trang さん

ベトナムは世界のサプライチェーンから切り離すことができないため、それに応じて新型コロナウィルス感染防止対策を変更する必要があります。外国企業は企業の長期的な利益や存続を重視します。他国への生産拠点を転移したら、元に戻る可能性がありません。今年の初めからパナソニック、サンスン、LGなどは中国からベトナムへの生産活動を移してきました。

この貴重なチャンスをつかむのは簡単ではありません。ベトナムは直ちに行動しなければ、外国からの投資源が失われるでしょう。政府は企業と協力して、経済の早期再開をして生産活動を回復させます。また、国内経済発展を促進するには、政府は外国からの投資家を魅力するための戦略を設定する必要だと思います。

菅野 智洋 会計士  
菅野 智洋 会計士  

はい。外資系企業が投資しやすい環境だったり仕組みを整えるとより投資が進むと思います。