この動画では、指摘される取引の傾向、税務リスクマップについて学ぶことができます。

この動画の対象者は以下のような方です。
  • ベトナムの税務のリスクが怖い。
  • ベトナムに来たばかりで、税務の事がわからない。
  • 指摘される取引の傾向、税務リスクマップについて知りたい。
スポンサーリンク

動画の内容と特徴

動画プログラムの概要は以下の通りです。

ベトナム税務調査で指摘される取引には傾向がある!【ベトナム税務調査リスクマップ①】の続きです。

リスクマップの円が大きいところが、リスクが大きいところです。

①日本人関係のところがほぼ指摘される。

②海外役務提供(例えば、経営指導料、技術支援、ロイヤリティ、ソフトウェアライセンス)実体があるのか?という視点

③海外物品仕入(外国契約者税など)

④優遇税制→覆せたら、もうけもん。って思っている。

⑤在庫差異(関税等の影響が大きいが、税務上も影響あり)

⑥移転価格(今後は大きいかも)

※最近は、①~⑤の論点が落ち着いてきており、⑥で指摘したいという傾向あり

多くは、日本本社が絡むところ。日本人が積極的にリスクマネジメントするべき。

動画講座:指摘される取引には傾向がある② 税務リスクマップを使おう

動画は以下の通りです。

動画講座は、ベトナム税務の一般的な内容です。詳細実務や失敗事例について相談がある場合には、個別相談を受けつけております。 問い合わせページより、気軽に問い合わせ頂けると幸いです。