この動画では、居住者・非居住者判定について学ぶことができます。

この動画の対象者は以下のような方です。
  • ベトナムの税務のリスクが怖い。
  • ベトナムに来たばかりで、税務の事がわからない。
  • ベトナムの居住者・非居住者判定について知りたい。
スポンサーリンク

動画の内容と特徴

動画プログラムの概要は以下の通りです。

ベトナムでの①居住者と②非居住者では、個人所得税率が大きく違う。

そのため、①及び②の反対がとても重要。

①居住者と②非居住者の判定表

居住者

(常駐者)

非居住者

(例:出張)

定義入国から1年

もしくは

暦年で183日以上滞在している。

左記以外の人
課税対象

(何に対して税金がかかるか?)

全世界所得ベトナム所得のみ

(ベトナム国内源泉所得)

税率最大で35%一律20%

もし、半年以上の賃貸借契約やホテル滞在の契約がある場合、“居住者”とみなされてしまう。多額の追徴税を言われてしまう可能性がある。日本で“居住証明書”を取得する必要がある。

動画講座:重要!ベトナム居住者・非居住者判定について

動画は以下の通りです。

動画講座は、ベトナム税務の一般的な内容です。詳細実務や失敗事例について相談がある場合には、個別相談を受けつけております。 問い合わせページより、気軽に問い合わせ頂けると幸いです。