業務のマニュアル化、文章化、、、、、。

現地スタッフにとても、反対されます。なぜならば、面倒くさいと思っているからです。

「そんなの意味ない。」「私が知ってるんだから、、、。」

私も、海外子会社のスタッフからそのような反論を何度も受けました。

でもね、、、、。

くじけちゃいけませんよ。

はたしてそうなのでしょうか?

言語化(マニュアル化、文章化)できないということは私なりに、研究していくと!

海外子会社におけるその理由の1つが、なんとなくわかってきました。

それは、、、、、。

 

「できない!」

 

からでした。要するに業務のレベルがそこまでいっていないのですね。嫌がる理由は、できない。スキルがそこまで至っていないからと言えます。

あなたのスタッフが、芸術家や音楽家、0-1を作る人材であるならば、本日のお話しはお役に立てません。

お読みにならなくていいでしょう。

けど、どうでしょう?海外子会社管理で、日々奮闘しているのは、繰り返し行われる定例業務なのかなと思います。

このエリアで、疲弊して、仕事をやった気になっている。「仕事したぜー!」って充実してしまうスタッフが結構いるのかと思います。

あなたのスタッフもあなたも、振り返ってみるとそんなことが多いでしょう?

私は振り返ると、そのように思う事があります。あーこのままでいいのかな、、、。と。

暗黙知とか形式知という概念がありますよね。

残念ながら、間接業務のほとんどは形式知です。文章化できちゃうんです。誰でも出来るように引き継げちゃうんです。

特別な才能はいらないのですね。悲しいですけど、これが現実です。だからこそ、あなたもあなたのスタッフもステップを踏み、仕組みを作って卒業しなければいけないのです。

 

 

業務のレベルには4つある

 

一般的には業務のレベルには4つあると言われています。

レベル1:補助ができる。

レベル2:指導を受けながら業務ができる。

レベル3:自分一人で完了できる。

レベル4:業務を深く理解して、指導できる。

この4つと言われることがあります。

この中で一番、上位なのはもちろんレベル4ですよね!

自分で実施するのと「教える」というのは違います。教えるためには、深ーい理解が必要なのですね。

自分では、この作業できるけど、いったん、人に「教える」となると、とたんにハードルが上がってしまうのですね。

「うっ、う~っ」となってしまうのですね。

言語化も同じだ!

 

業務を標準化・マニュアル化するという事は、ある意味、その業務に精通していないといけません。深い理解が必要なのですね。

そのため、感覚的に、なんとなくやってるという担当者であるとすると、「はい。標準化、マニュアル」を作成してみてお願いすると、、、、。

「できないんですよね、、、、。」

なぜならば、感覚で実施しているからです。きちんと、整理してないからです。

言語化は、その業務について理解を深めるという事でもある

 

では、レベル4に到達している人材でないと、言語化できないのか?

と言うとそうでもないです。特に間接業務の場合は。

どちらかというと、言語化するというプロセスで、より理解を深めるということになると思います。

ということは、実施者にとってもメリットがあるはずなんですよね。したがって、担当者に理解を深めてほしい!スキルをつけてほしーなーなんて感じている、海外の社長様であれば、“言語化”してもらうという指示がとても効果的です。

しかし、海外子会社の場合は、プライドだけとても高くて、実力がイマイチという人も結構います。こういう人に限って、反対してきますね。

この点は、また別な難しい話があります。

話がそれてしまいましたが、本日は、

「言語化できないということは、スキルのレベルがそこまで至っていない」

ということという点でお話しさせて頂きました。これ、本当ですよ。

言語でなく図・絵でもかまいません。これが出来ないということは、ロジカルに理解できてないということです。

海外で奮闘するあなたが、業務を効率化することにより、無駄なストレスを割け、19時からの飲み会に参加できることを祈っていますね。

それでは、また!

 

この記事に共感して頂けたら
いいね ! お願いします