ベトナムでは、公的な書類や申請書類に添付する身分証明書(パスポート)について”公証”することが必要です。

公証とは、原本(パスポート)とが同一であることを公的に証明してもらうことを言います。

この記事はこんな人のために書いています。
  • ベトナム、ハノイで書類の公証が必要になった
  • その方法や金額を知りたい

例えば、証券会社を通じて株式口座開設書類に公証されたパスポートを添付する必要があります。

スポンサーリンク

ベトナムでパスポートを公証する大きな流れ

1
パスポートを準備する

あなたのパスポートの原本を持参

2
公証役場に行く

ハノイには、18 箇所あるそうです。

3
パスポートのコピーを依頼する

公証役場で担当の人がコピーします。お金も払います。

4
公証してくれる受付で公証してもらいます。

パスポートのコピーとパスポートを渡して、公証してもらいます。

5
受け付けで支払いをして領収書をもらいます。

お金を払って【公証】 notarization のパスポートのコピーを持ち帰ります。完了!

この5つのステップです。

これについてそれぞれ、解説して行きますね。

STEP1 あなたのパスポートを準備する

はい。当然と言えば当然ですね。こちらコピーを公証してもらうので当然原本が必要です。

公証とは以下のことをいいます。

書類が合法的に使用されるためには、その文書の真偽を確認する前処理として、文書になされた署名を公的機関である公証人等が「本人のものに違いない」との証明(ノータリゼーション 公証)する。

要するに、このパスポートのコピーは、「間違いないです。本物ですよ!」って保証してもらうことですね。

STEP2 公証役場にいく

パスポートを準備したら、次は公証役場にいきます。ハノイには、18か所ありますね。

ハノイの交渉役場一覧 18か所

私の事務所は、ズイタンというところにあるので以下の公証役場に行きました。

Public Notary Office No. 3です。場所は以下ですね。歩いてすぐでした。

入口はこんな感じです。

問を通りぬけると……。

 

STEP3 パスポートのコピーを依頼する

事前に会社でパスポートのコピーを準備したのですが、中に入って聞いたら、ダメでした。

あくまで、公証役場のコピー機で、コピーしか認められません。こっちの方がもしかしたらいいのかもですね。

自分でコピーすると、公証するときにチェック大変だし。漏れとかあって。

5分くらいひたすら待ちます。

コピー専用の場所

コピーしてもらいます!

お金もかかります!63000VNDでした。

STEP4 公証してくれる受付で公証してもらいます。

次にいよいよ公証です。受付の場所に行きます。

コピーとパスポートを渡します。

担当の人が原本と一緒かチェックして、押印してくれます。

待つこと15分程度でしょうか? (今は、コロナの影響で人がいないみたいです。普段は、30分とか1時間以上待つこともあるそうです。)

公証してもらいました!

 

STEP5 受け付けで支払いをして領収書をもらいます

公証した場所とは別に支払いの窓口があります。そこで、支払いをして完了です。

領収書ももらえますよ。

 

本日は、パスポートの公証について解説させて頂きました。

簡単ですが、ベトナム語ができないと無理。また、場合によっては、時間がかかる。(混んでいると1時間以上もかかることもある。)

なので、ベトナム人スタッフがいない場合は、外注してもいいかと思いました。

それでは、また!