こんにちは、菅野です。

本日は、ベトナムにおけるVATインボイス、通称、ホアドンについてのトピックを共有します。

この記事はこんな人のために書いています。
  • ベトナムでビジネスをしている
  • ベトナムで駐在員事務所がある。ホアドンがいらないって言われて、それで良いのか不安
  • ベトナムの税務リスクを回避したい

このようなお悩みを解決していきます。

スポンサーリンク

ベトナム駐在事務所だから、ホアドンいらないはうそ。

ベトナムのレストランや、レンタカーで、このような会話された事はありませんか?

ありますよね。

この意味って深く考えた事がないかもしれません。

売り手が脱税している。法人税と付加価値税どちらも。

つまり、売り手側のイリーガルな行為です。

この構図を図にすると以下のようになりますよ。

ベトナム駐在事務所でも原則必要です!

駐在事務所は、帳簿がないから、ホアドン(レッドインボイス)必要ないってたまに言われるかもしれません。

参考記事:駐在事務所でもインボイス必要?

ただ、それについてはある意味正しくありません。

それは以下の2つの点が理由です。

  1. 駐在員の所得とイチャモンつけるから(PIT)
  2. 売り手の脱税に加担したと思われるから

1については、例えば、レンタカー代が会社払った場合、それってあなたの所得、給与でしょ!って言われるリスクです。

2は、売り手が、売上を認識し、申告してないことについて加担したと思われるリスクです。VATもです。正式なインボイスを発行してないと言う事は、売り手が売上を認識してないと言う事です。

1,100もらって、100を納税しないといけないのに、1,000しか受け取らなかった。

どんな場合に売上隠蔽がバレるの?

売上隠蔽がバレてしまうケースを紹介します。いくつかあるとは思います。

それは、「整合性」です。

例えば、労働契約書に、レンタカー(ABC会社)は会社負担って記載してあったとします。そうすると、このことから、レンタカーというサービスによって、取引が発生していることが客観的にわかってしまいますよね。

「あなた、レンタカーの売上ありますやん!」

って感じです。

このような場合には売上の隠蔽がバレてしまいます。

残念ながら、新興国では、売上を申告しないというのが普通でしょ。という常識があるような印象です。

税金払うなんてもったいない。って思っているのかもしれません。

ただ、今後は、変わってくると思います。税務署も賄賂じゃなくて、脱税を発見するような特別な組織が生まれるかもしれませんね。

マルサの女のような感じです。国税局査察部 のような部門ができるかもしれません。

 

⭐️本日のまとめ⭐️

本日は、ベトナムでよくある「レッドインボイスは必要ですか?それなら10%上乗せしますね。」の意味合いについて解説しました。

もしかしたら、買い手であるあなたにも、不測の損害、サプライズ、カウンターパンチがあるかもしれません。

なので、結論は、【普通にやる。】です。

これが、一番、安心かなと思います。

あなたが、ベトナム税務実務についてきちんと理解することにより、無駄な時間を使う事を防ぐのを祈っていますね。

それでは、また!