みなさん、こんにちは「マナボックス」の菅野です。

今回で、第23回目です。

朝、笑顔でいれるコツ。それは、筋トレ。声に出して自発的な挨拶(ブローカ言語野)、瞑想です。科学的なエビデンスありです。是非試してください。

ベトナム人のリンさん(日本語2級で日本への留学経験あり!しかも若い!)と一緒にベトナムのニュースについて解説していくコーナーです。

本日のテーマは、「2021年度の第2四半期からベトナム経済の成長が加速するための5つのきっかけです。

スポンサーリンク

ベトナム経済の成長が加速するための5つのきっかけ

りんさん
りんさん
今回はこちらを選んで翻訳し、解説しました。Laodongというメディアです。1月1日付けのニュース

>>2021年度の第2四半期からベトナム経済の成長が加速するための5つのきっかけ

2021年は、20212025年の新5カ年での目標成長率は、6.5〜7%

この新5カ年計画では、政府は平均成長率が6.57%であるという目標を設定しています。

SSI証券により、注意点はこの期間のGDP規模は以前と異なって調整されていることです(GDP規模の調整によって、まだ観察されなかった経済セクターがGDPの計算に含まれているので、2020年のGDP27%増加した)。そのため、高水準の成長率が非常に積極的だと予測されています。

5カ年計画には、20212022年の回復段過程と、20232025年の加速過程という2つの段階があります。したがって、2021年において、政府は引き続き金融政策を緩和し、拡張的財政政策を実施します。実行価格によるGDPが増加するように調整されていても、予算不足は高い程度のままです。

SSI証券会社の研究によると、ベトナム経済の2021年におけるGDP成長率は前年比6.5%増えるようになることです。 成長率は2021年度第2四半期から加速し始め、その勢いが2022年まで維持されます(最大7%以上の増加)。

2021年のベトナム経済の成長を促進する5つの主要なきっかけがあります。

1:ベトナムが全世界の製造・加工業エコシステム

第一目で、最も重要なきっかけは、ベトナムが全世界の製造・加工業エコシステムでの必要な中心地になったことです。 2020年度の第4四半期に、鉱工業指数(IIP)は前年同期比6.3%に増加し(12月だけで:同期比9.5%増)、製造業も前年同期比9%に増加するという大幅な成長を達成しました。これは、生産回復が新型コロナウィルスが発生した前の程度に戻ったことを確認します。

2:自由貿易協定の締結

第二目は、CPTPPEVFTARCEPなどの自由貿易協定の締結が成功したことが、来年のベトナムの経済成長に良い影響を与えることです。

3:外資企業の進出の増加

SSI Researchは、2021年に、公的投下資本の支出の成長が力強い増加の勢いを継続することが難しいと予測しました。

ただし、新型コロナという感染病が制御されると、FDI流入は大幅に回復し、向上すると予想されます。2020年に登録されたFDI流入は、前年同期比8.7%しか減少しません(登録FDIの合計は約210億ドルであり、2019年のより約20億ドル少ないです)。これは、2021年におけるFDI流入の有望な見通しを示しています。

4:ベトナム国内消費の回復

さらに、2021年から回復すると予測されている国内消費はベトナム経済の成長の第四目のきっかけです。

5:ビジネス環境(インフラ)の改善 

最後に、ビジネス環境の改善は、来年のベトナム経済の成長に条件を作り出す第五目のきっかけです。 2021年から投資法、企業法、証券法、官民パートナーシップ(PPP)法、環境保護法などの色々な有効になった新しい法律があります。他に、2021年の国有企業改革について、最も必要なのは、政府が企業価値評価およびIPO に関する手続き・株式化を再開するためのダイベストメント・国有企業のダイベストメントに対する問題を解消することです。

ベトナムは継続的に経済が成長している

菅野 智洋 会計士  
菅野 智洋 会計士  

ありがとうございます。確かにベトナムは製造の拠点の中心になっていますよね。アップル社の製品も数多く製造していますし、日系の製造会社も多く進出しています。

  • ベトナム経済はさらに加速する。その5つのきっかけとは、①製造業が強くなり、②自由貿易化が加速し③外資系企業が増え④国内消費も増加傾向、⑤ビジネスインフラの改善が進むこと。

りんさん

自分の意見ですが、20212025年の新5カ年計画を設定するベトナムの政府は本当に堅実な目標を立てたと思います。

5年間のGDP平均成長率:+6.57%、GDPに占める製造・加工業の割合:25%以上、GDPに占めるデジタル経済の割合:約20%など、すべての目標は経済の回復だけではなく、経済成長がもっと加速できるためです。2021年に、よく期待されているベトナムの経済が急速に発展することに対して、専門家だけでなく、住民たちも大きな希望を持っています

菅野 智洋 会計士  
菅野 智洋 会計士  

国が成長していると、国民のマインドにも影響しますよね。みんなイキイキ、希望を持っています。昨日より、今日、今日より明日が成長しているからです。