SHOWA VALVE VIETNAM CO., LTD.は、2014年10月に設立。2015年より、現地にてバルブの製造生産を開始した。

マナボックスベトナムを選んだ理由は経営管理の強化という視点があったからでした。具体的にどのように強化を図ったのか?課題は? SHOWA VALVE VIET NAM CO., LTDの社長の中川氏にお話を伺いました。

概要
  • 業種:バルブの製造販売
  • URL:https://www.showavalve.co.jp/
  • 導入サービス:月次経営管理レビュー、A3経営見える化支援、ベトナム人様向け経理授業
  • 代表者: 代表取締役社長 中川 良介氏
スポンサーリンク

ここがポイント!

1. 単なる月次決算作成でなく、経営管理の支援もしてくれると感じた。
2. 経営分析コメントが記載やA3のグラフにより会社の異常に気がつきやすくなった。
3. ベトナム人経理マネージャの経営管理に関しての意識が向上した。

経営管理レビュー支援を導入した背景と経緯を教えてください。

-単なる月次決算書の作成支援ではなく、経営管理まで支援してくれるサービスだと感じた。

マナボックス代表の永井さんのセミナーがきっかけですね。過去、「社長様がおさえるべきベトナム税務20個」や「経営見える化」というテーマでのセミナーに参加しました。
その中で、月次決算書の経営数値をA3に1枚でグラフ化して見える化した実際のサンプルを拝見しました。マナボックスに支援をお願いするとこれもついてくるのか?と思い興味を持ちました。

マナボックスの支援を受けることでどのような効果がありましたか?

-経営の実態がよりわかるようになり、なにか異常があればすぐ確認できるようになった。

まず、キャッシュ・フロー計算書が月次レポートに追加されたことにより、資金の動きが詳細にわかるようになりました。これより、将来の資金繰りの判断に役立つようになり助かっています。
また、損益計算書の月次推移上で増減分析コメントがあるので、異常値をより気にするようになりました。数値の異常値だけではなく、率という点での動きもわかりやすくなりました。

例えば、売上原価率ですね。これらについて以前よりも、気にするようになり、異常値があれば、その原因がなにかというのを確認できるスピードがはやくなりました。

加えて、BSやPLの数値をA3でグラフ化したことにより、より、会社の実態がより直観的にわかりやすくなりましたね。また、私だけでなく、チーフアカウタントの経理の意識も向上しました。以前までは、「数値を作る」側の視点が強かったのですが、異常値があれば気にするようになりました。私が、毎回指摘するという点もあるとは思いますが、チーフアカウンタントの意識が変わったという面も確実にあると思いますね。

また、弊社のチーフアカウタントが、マナボックスのディレクターのロアンさんの経理のレクチャーに参加したのですが、大変良い勉強になったと言っていましたね。毎回テーマがあり、テーマに沿って各会社の具体的な課題について、話し合うということで、形式的な勉強ではなく、実務に活かせる内容でとても参考になったといっていました。時間が1回につき3時間だったので、もう少し長めでもいいともいっていました。

今後の目標を教えてください。

-経理、人事総務についての見える化を進めていきたい。経営分析のコメントのレベルアップも。

経理や人事総務の間接業務について、見える化や標準化を進めていきたいです。
マナボックスから経理、人事総務のTo do リストのサンプルを頂いたので、これに基づいて進めていく予定です。今は、チーフアカウタントへの依存度が高いので、なにかあった時へのリスクマネジメントの強化をしています。さらには、輸出入や製造業務の見える化、標準化も進めていければと思っています。

また、月次決算の早期化も一緒に進めていきたいですね。経営分析コメントのレベルアップも期待しています。

Youtubeで永井さんのベトナム税務動画も参考にしています!今後も税務はもちろんそれ以外のビジネス全般の動画配信にも期待してますね。