こんにちはマナボックスの菅野です。

今日のテーマは『BOMとベトナムの会計・税務、関税の関係』というテーマでお伝えします。

ベトナムでEPEの企業の方で、原価計算を気にされている人、ベトナム関税調査を気にしている人にとっては必須のテーマです。

概念から細かな会計処理を解説していますのでお役にたてると思います。

スポンサーリンク

BOMとは?身近な事例を使って理解しよう

BOMとは何でしょう?これは「Bill Of Material」の略語です。日本語では「部品表」です。製品の構成要素のことです。

わかりやすく理解を深めるため、わたしたちがいつも接している日常のもので考えてみましょう。例えば、「ナポリタン」。

「ナポリタン」

  1. スパゲティ80g
  2. お湯 (ゆで用)500ml
  3. 塩 (ゆで用)小さじ1
  4. ウインナー2
  5. 玉ねぎ1/4個
  6. ピーマン1
  7. ケチャップ大さじ10 

このように最終製品(ナポリタン)は「部品」(材料)が集まって完成されるわけです。これだけではありません。私たちの周りにあるすべてがBOMで構成されているといっても過言ではありません。例えば、ペンなどもこれに置き換えることが可能ですよね。ひねって分解すると、「部品」に分解されますよね。BOMをこのようにイメージするとわかりやすいです。

自動車関係の製造会社が作成する部品もこのような構成が必要なのです。

BOMと会計との関係

BOMを超えた分と超えなかった分。

在庫の評価とも関連してくる。

BOMを利用して、合理的な消費量を決定します。ただし、実際の消費量がこの通りにいくことは99%ないでしょう。ラーメンのBOMの「ネギ」が設定通りに消費されることはなく誤差が生じるでしょう。

つまり、現実には以下が生じます。

  • BOMを超える(OVER BOM)
  • BOMを超えない(UNDER BOM)

これをどのように会計処理するか?いう点がポイントです。結論としては以下のような処理が考えられます。(会社のポリシーによっても来ますが一般的にはこの様に処理するケースが多いと思います)

  • 超えた場合は、「売上原価」として処理→費用が増える。
  • 超えなかった場合「売上原価のマイナス」→費用が減って在庫が増える。

このように理解するといいでしょう。

また、在庫の評価とも関連させましょう。貸借対照表に記載してある在庫の金額の評価です。わかりやすくいうと「その金額以上で売れる価値あるの?」という評価をします。例えば、ナポリタンを作ってその原価(BOMの合計)が1,000円だったとします。けれども、そのナポリタンは翌日も販売できるか?というとそうはいきませんよね。原価1,000だったとしてもその価値がないので「切り下げ」しなければいけないのです。

BOMによって製品ごとの原価が集計され、まだ売れてなければ貸借対照表の在庫のところに計上されます。その後は、「在庫の評価」という論点が生じるんだと理解していただければいいと思います。

これは金持ち父さんと貧乏父さんの考え方と関連させるとわかりやすいと思います。資産はお金を生み出すパワーがあることが前提です。

>>【駐在の社長様必見!】貸借対照表を見るポイントについて教えます!

BOMと管理会計との関係

BOMを利用することによって効果的な原価管理が可能となる

BOMを利用することによって、どの部品や原材料がどの製品に使用されているのか把握することが可能ですよね。そのため原価管理・原価計算に利用できます。無駄遣いがどうかわかりますよね。

上記で申し上げた「ナポリタン」の例でいうと、玉ねぎで無駄がでたのか?ピーマンで無駄がでたのか?が計算できます。

そのため原価管理に有用です。

BOMと税務との関係

BOMを超えた分について原価として処理した金額は損金に落ちるか?という論点が生じる可能性がある。

BOMを超えた分については、売上原価(PLのコスト)に計上されます。つまり、コストが増えて利益が減るわけですから、税務の視点からすると「面白くない」と思われるのです。法人税が減るからですね。

通達やロジックで考えると、実際に発生した費用であり業務上必要な消費であれば、当然損金として処理されるはずです。ただし、実務上はこの点を指摘される事例があるようです。「紛失・盗難」で多額の差額が生じたのだろうと推測しているのかもしれません。

BOMと税関の事後調査との関係

BOMを超えた分については、EPEの免税(「輸出入関税、VATの免除」)という特例を受けることができないと指摘され、遡って課税される可能性がある。

この分については、EPEの要件を満たさず「ベトナム国内に流しているかもしれない」という考えから免税を認めないということで指摘される可能性があります。

>>ベトナム、EPE企業は、“在庫差異”には気をつけろ!

勘のいい人ならお気づきだと思いますが、「差が出ない」ということは理論的にはありませんから必ず生じる論点となります。

そのため、

  • BOMとの差を合理的に説明できる
  • 廃棄などもきちんと写真に取っておく(国内に横流ししていませんと主張)

することが必要となってくるでしょう。

本日のまとめ

本日はBOMの解説とそこから生じる会計、税務、税関の事後調査までの関連を解説させていただきました。

特にEPEの企業は、影響が大きいので事前に理解しておくと後々役に立ちます。

お役に立てれば幸いです。