ブラックジャック、ルーレット、大小、ポーカー。

みなさん、カジノはお好きですか?

ベトナムでも、カジノが楽しめるホテルたくさんありますよね。

こんにちは、マナボックスの菅野(すげの)です。

本日は、プロギャンブラーのノウハウとマーケティングで必要な要素の共通点についてお話したいと思います。

ギャンブル好きな人であれば、あなたのマーケティング力に自信が持てるキッカケになるかもしれませんね。

 

ポーカーで勝つための心理的テクニック レベル3の視点を持て!

 

プロギャンブラーのぶきさんによれば、3つのレベルの視点があるそうです。

「レベル1」は、自分のカードだけを見る。

次に、「レベル2」は対戦相手に対して「どんなカードを持っているか?」と探る段階。

そして、レベル3は何だと思いますか?

それは、「相手の脳みそに入り込み、自分をどう思っているのか読む。」事だそうです。

すなわち、、、。

“レベル3の視点”は、自分がどういうふうに相手から見られているかを知ること。相手が自分についてどこまでわかっているか、どう捉えているか、またはどう評価されているか、どこまで好意的なのか読むことを指す。

 

マーケティングで重要な要素とは?

 

主語は、私ではなく、主語は「あなた」である必要があります。

✖あなたが何を伝えたいのではなく

◎あなたではなく、お客様が何を、どういう風に、知りたいか?と視点を持った上で、自社のサービスや商品のベネフィットを伝えることです。

自社のサービスや商品がお客さんにどれだけ喜んでもらえているかという視点が重要なのですね。

なぜ、顧客が会社から離れてしまうのか?

 

なぜでしょうか?

いろいろ想像つくと思います。すこし考えてみましょう!

 

 

・商品、サービスが悪いから?

・競合がよりいいサービスを提供しているから?

 

 

普通、顧客が他社へ行ってしまう理由は、商品やサービスの価格や品質が原因という風に考えるのが普通だと思います。

しかし、一番は、、、。

「会社側が顧客のことを気にかけていない」という風にお客様が感じていることが原因。

らしいです。

この視点でも レベル3の視点が役立ちますよ。

レベル3の視点をもてば、例えば、接触頻度を上げるなどの行動を起こすはずですよね。例えば、定期的なニュースレターの発行などです。

また、購入してくれた商品やサービスについての支援も必要となることがわかると思います。

商品やサービスを購入したど、まったく使っていない。例えば、せっかく購入したアプリだけど、よくわからないから全く使ってない。、、、という経験ありませんか?

きっとあなたも私と同じように、こういう経験をしているんじゃないかと思います。

もし、あなたの売っている商品・サービスが使われにくいものであるとするならば、ぜひ、商品・サービスを使ってもらう支援をしてみてください。ニュースレターに説明書を載せるのもいいですよね。

これも、レベル3の視点です。

相手の立場になり、相手を知り、相手にとってさらなるプラスな気持ちを提供できるかがとてもマーケティング上は必要です。

そのため、相手の想定する2歩も3歩も先のことをできる限りイメージして、それに対応することで、マーケティングの正のスパイラルを生み出していきます。その結果、新規顧客の獲得及び継続的に既存客でいてもらうことが可能となるのです。

本日は、ギャンブルとマーケティングの共通点についてお話させて頂きました。

かなり使える思考法だと思いますので、是非、実践してみてください。

あなたの会社が、レベル3の視点を持ち、実践することによって、顧客もあなたもハッピーになることを祈っていますね。

それでは、また!