「タイのお客様から、変な取引スキームをお願いされた!」

「それってできるの?」

ベトナムで社長をされているあなたは、こんな事があるのではないでしょうか?

こんにちは、マナボックスの菅野(すげの)です。

本日は、ベトナムにおいて結構、実務上よくあるOne the spot export/import 取引について説明したいと思います。

税務上の観点を中心に説明しますね。

理解して頂ければ、多額の税務の罰金や利息も防止できるはずです!

こんな悩みのある方にオススメ!
  • これできるの?なんか違和感ある商流だけどできるの?と迷っている人
  • 税務上どんなことで留意しないといけないか?怖いと感じてる人

まずは、どんな取引のことをで「On the spot export/import」取引と呼ぶでのしょうか?

典型例を見てみましょう。

まずは、On the spot export/import取引の概要を理解。

 

以下の図を見てください。これが、典型例の一つです。

みなし輸出入なんて言い方もします。

契約の流れ(商流)と物流が異なる。

文章で書くと以下のようになります。

① ベトナム企業 Bは、売買契約に基づき、国外企業 (タイ)A へ商品を販売する。(商流)

② 国外企業 (タイ)A は、売買契約に基づき、ベトナム企業B から製品を購入する。その製品をベトナム企業 C へ販売をする。(商流)

② ベトナム企業 Bからベトナム企業 C へ製品を納品する。(物流)

このように、

商流と物流が、

異なることが特徴です。

なぜ、このような取引が起こるのでしょうか?

それは、主に以下の理由からです。

時間コスト、物流コストが余計にかかってしまう。

もし、原則通り、商流と物流が一緒だった場合どうでしょうか?

 

ベトナム税務等関係を整理してすっきりする。

 

これ、ちょっと複雑です。でも大丈夫!分解してそれぞれ見て行きましょう。

どんな税金等が発生するか?と誰との間で?という点で整理していきます。

まず、どんな税金等ですが、①輸入VAT及び②関税、そして③FCT(外国契約者税)です。

取引別で見てみましょう!

A社(仕入)とB社(販売)間取引

B社(ベトナムにある会社)は、商流上販売しているため、請求書を発行する必要があります。

そして、A社(タイ)は、支払いをする必要があります。A社が、何を支払うかという点ですね。

結論としては、A社は、製品代のみを支払い、VATや関税を支払う義務はありません。FCTも発生しません。

A社(販売)とC社(仕入)間取引

A社(タイ(国外)にある会社)は、商流上では、C社に販売しているため、請求書を発行する必要があります。

そして、C社(ベトナム)は、支払いをする必要があります。上記と同様でC社が、何を支払うかという点ですね。

この点、A社は、製品代はもちろん、輸入VATや関税を支払う義務もあります。

そして!

なんどFCT(外国契約者税)も発生してしまうのです。

例えば、製品の値段が10,000だったとしましょう。仕入者であるC社(EPEでない。)は、輸入VAT(10%)と関税を支払う必要があります。

輸入VATは、仮払税金として、アウトプットVATと相殺が可能です。つまり、基本は費用(コスト)ではありません。

ベトナム付加価値税(VAT) の仕組みを脳みそに焼き付ける!

そして、FCTも発生していますので支払う必要があります。これは、1%です。

下記リンクも参考になりますので是非!(FCTは、ベトナムの会社から、外国にお金が出るときに留意する必要があるんでしたね!)

検索 FCT FCT(外国契約者税)をシンプルに易しく理解する方法【ベトナム税務】

実務上は、C社(ベトナム)が支払う時に源泉徴収をして、C社がベトナム国にFCTを納税することがほとんどでしょうね。

 

FCTに留意!!

On the spot export/importの場合は、FCTが発生するという特徴がありますので留意する必要があります。

全体像でまとめますと以下の図の通りです。

 

★本日のまとめ★

 

・One the spot export/importは、商流と物流が違う

・ベトナムの会社(売り手)が海外に請求書を出すときは、VATは課税しない。

・ベトナム側での仕入側は、製品や商品の値段+輸入VATと関税が発生する。

・輸入VATは、通常通り、資産計上できる。

税金及び税関関係には、複雑ですよね。ちょっと怖い場合もあります。税関関係者に事前に確認しなければいけないこともあるようです。

on the stop 取引については、このパターン以外もあります。

弊社では、このような相談事項でも相談が可能です。なにか不明な点があれが、マナボックスにお問い合わせください!

あなたの会社が、on the spot import/exportを正しく理解することにより、税務の間違いを防止できることを祈っていますね。

それでは、また!

「ベトナム税務スポット相談サービス」のご案内

上記は一般的な内容となります。
もっと自社の状況に合わせて具体的に相談したい。
そんな方にはスカイプ30分からできる「ベトナム税務税務スポットサービス」がお勧めです。
ベトナムに精通した日本人会計士及びベトナム人税理士より詳しくご相談、ご助言をさせていただきます。
ご希望の方は下記までご連絡下さい。

お問い合わせ先:t.sugeno@manabox.co.jp
料金:30分:150㌦、60分:200㌦
※上記料金は専門家1人分となります。

動画で学ぶベトナム税務調査の実態とその極意を知る」のご案内
~ベトナム在住8年超、200社以上の日系企業を支援してきた公認会計が現地のリアルなリスクをお伝えします~
本動画はありきたりなベトナム税法の概要について説明するものではございません。
ベトナム在住8年超、200社以上の日系企業、数十の税務調査と向き合ってきた日本人会計士がベトナム税務調査の現地のリアルな実態、ノウハウを2時間半の動画でお届けします。
ネットや書籍にはないリアルな現地の実態を知りたい方にお勧めです。

詳細はこちら。https://taxmovie.knowledgebox-japan.com/