本日は、『パスポートをオンラインで取得できる』というテーマでお伝えします。

公安省入国管理局の情報によると、ハノイ市は2022年5月15日から自宅でパスポートのオンライン発行を試験的に開始した。その後、ベトナム全土で6月1日から自宅で受け取るオンラインパスポートを作成できる。

つまり、オンラインで申請・作成が可能となるようです。

スポンサーリンク

5月からハノイでレベル4パスポートのパイロット発行、6月から全国展開

現在、パスポートのオンライン発行サービスは、レベル3で展開されています。通常のパスポートの申請書記入の手間は省略できていました。しかし、入国管理局に出向いて顔写真を撮り、手数料を支払い、結果を受け取る必要があります。ここが面倒でした。

そこで、2021年12月25日付の公安大臣の決定06/QD-TTgおよび決定10695における人口データ、本人確認、電子認証のアプリケーション開発に関するプロジェクトを実施し、輸出管理局入国管理局は他のユニットと協力して、ベトナム国民のために通常のパスポートをオンラインで発行するサービスの研究および実施を継続します。

入国管理局の情報によると、2022年5月4日から14日までの期間、入国管理局はハノイ警察入国管理局および関連部門と一緒に、オンラインパスポート発行システムを完璧にテスト実行しました。

パスポートをオンラインで申請し作成し、あなたの自宅で手を受け取る3つのプロセスを解説

入国管理局によると、公共サービスポータルでオンラインパスポート手続きを適用する対象は次のとおりです。ベトナム人が対象のようですね。

対象者と要件

  • – 有効なチップマウントの市民IDカードまたは12桁の市民IDカードを持つ国のベトナム市民。
  • – 政府の公共サービスポータルで有効なアカウントを持っていること。
  • – 政府の支払いシステムを介してオンラインで料金を支払う能力。

ベトナムにいる日本人がベトナムでパスポートを取得する方法は以下を参照のこと。

>>ベトナムでパスポートを更新し、ビザを転記する方法【ハノイ】

公共サービスポータルを通じてレベル4のオンラインユニバーサルパスポートを発行するプロセスには、次の手順が必要です。

ステップ1:アクセスする

https://dichvucong.bocongan.gov.vn/bocongan/bothutuc?malv=QL_XUAT_NHAP_CANH .

公安省のオンライン公共サービスポータルをご覧ください。システムにログインし、実行する手順を選択する (中央レベルまたは州レベルでのパスポートの発行)。

ステップ2:フォームに入力する

メールアドレスを含むフォームに従ってパスポートの申請情報を入力し、ポートレート写真をアップロードする(パスポートに印刷するため)。

ステップ3:受け取る!支払い

パスポートを受け取り、オンラインで料金を支払うことを選択します。

ベトナム人は郵便で受け取るか、入国管理局に直接行くかを選択できる

ただし、以下の点に留意ください。

 レベル4の公共サービスを利用する資格がない場合、または直接申請する必要がある場合、パスポート申請の現在の登録、受付および処理のプロセスが引き続き適用されます。

一方、日本の場合パスポートの申請は?

では日本の場合はどうでしょうか?

どうやら窓口申請しか認められないようですね。リープフロッグという言葉が頭をよぎりますね。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_2.html

デジタル化できるところはデジタル化すべきだと思います。