こんにちはマナラボの菅野です。

今日はベトナム税関検査官が着目するリスクの兆候についてお伝えします。

税関検査は、輸出入企業にとって最も重要な内容の1つでしょう。

報告書の作成と提出に関する企業のコンプライアンスを強化するために、2022年の6月27日に 税関総局は、加工、輸出生産、輸出加工企業を持つ企業グループの検査と検査に関するオフィシャルレターのNo. 2505 / TCHQ-GSQLを発行しました。

この内容からわかる税関検査官が着目するリスクついて解説します。税関調査の事前のヘルスチェックとして利用可能になるでしょう。

スポンサーリンク

輸出加工業(EPE)が提出しなければならない報告書

現行の規定では輸出加工企業(EPE)は、非課税輸入原材料と完成品の使用に関する「最終決済報告書」(「BCQ」)を提出する必要があります。Customs Finalization Report と表現される場合もあります。

>>【図解あり】ベトナムの輸出加工企業(EPE)とは?輸入関税やVATの免税を図解で解説!

具体的に実際の生産量に基づく原材料消費量と会計年度の標準消費量の比較情報などです。この「BCQ」を会計年度終了後90日以内に提出しなければなりません。調整が認められており、その期限は、60日以内です。税関当局が検査判定を出す前であれば、調整することが認められています。

通達39/2018/TT-BTCによる基本的なその決済報告書(BCQ)には以下のようなものが含めれます。

  • 様式に従った輸入原材料・資材の使用状況報告書
  • 輸出品の状況報告
  • 標準消費量と実際の消費量

多くの企業は、経営上の必要性から、財務、経理、輸出入・船積部門などの特定の部門を通じて特定の業務を運営・実行しており、税関システム上の申告データと企業内の会計データとの間に不一致が生じる可能性があります。

ほとんどの場合、これらの不一致は 「BCQ」の検査中に積極的に検出、分析、税関当局への説明されません。このため、輸出入の段階で追徴課税を受けたり、徴収されたりするリスクが高くなります。

ベトナム税関調査官が着目したリスク

抽象的な表現ですが、詳細な情報が必要であれば弊社までお問い合わせください。

原材料についてのリスク

 

材料

企業の財務諸表にはまだ多くの原材料があり、詐欺のリスクが高いと

原材料の部分の管理報告書が通関書類と一致しない、スクラップの処理計画を通知していない。
スクラップの処理計画を通知していない。2021年の売上高が2020年に比べて異常に高い(2倍近く)、一方で生産能力に関する追加発表がない。 

税関申告と比較した期間内の原材料輸入量の差異

原材料の実際使用量と税関申告データの差額

2種類以上の税金の不正、原材料の混同がある企業

国内で購入した原材料を管理委員会に持ち込むこと

QCQにA12原材料を持ち込むこと

余剰の原材料、消耗品、スクラップ、廃棄品、借用した機械設備、加工品を適切に処理しないこと

原材料、消耗品、製品の国内への販売が疑われるもので、規定どおり免税の対象となっているが、税関当局に申告されていないもの

報告書では原材料を輸出入しているが、標準消費量(NORM)ではそのような材料はない。

生産に投入されていない生産資材のコードが多く、資材の管理に疑義がある。

QTc の期中の輸入資材の数量が、輸入申告と異なっている

2021年の年次決算に差異がある、新生DNCXが稼動している、管理上ミスがある 輸出用輸入原材料

輸入原材料管理証明書が輸入申告書と一致しない(HCHCコード) 2021年

重大な詐欺のリスクの兆候がある

輸出入の輸入原材料の不正のリスクの兆候あり

材料コードの間違い

2020年、2021年に完成品のコード変更を提案する企業である

非関税区域に輸入された商品の間違った量を宣言したことで制裁を受けている

高税率の糸製品は税金のごまかしがしやすい

 

スクラップ

スクラップ

期中の処理スクラップ量が多すぎるため、実際の消費量でリスクを評価することが必要である。

スクラップ販売の疑いのある人が申告・納税していない

長期間にわたり事業を行っているが、スクラップを破棄していない事業者

企業が税関に通知せずにスクラップや廃棄物を恣意的に処理している疑いがある

スクラップを国内市場に販売する際にリスクがある疑いがある。企業が関税法違反を繰り返している。

データの差異

続いて差異です。照合して整合性があるべきなのにそれがない場合でしょう。

差異

QTcは、税関当局のシステム上のデータと異なっている

国際報告書と税関のデータの違い

2021年の通関申告のデータと、税関当局のシステム上の輸出入データに差異があること

2020年の期首の在庫データと期末の在庫データに差がある

経営報告書と実態の違いに疑問がある

報告書の問題

報告書関係の問題

BCQTを初めて実施。加工施設の届出不備に関する規定違違反

報告書提出が遅れている

未提出の場合

同所定の期限(2018年から2020年まで)を超えて修正している場合

企業がBCQTを修正している場合

フォーム15a BCQTの提出をしていない

決算書の作成にリスクの兆候がある

その他の問題点

上記で述べた以外で認識されたリスクです。

その他のリスク

企業は処理タイプを停止し、ビジネスタイプに切り替える

伝送速度がまだ出ない

企業は関税法を繰り返し違反している

生産能力の異常な兆候がある

法律の遵守状況を評価

2020年のBCQTテスト計画からの移行

処理活動に関する関税法の遵守を評価する

輸出製品を持つ企業は異常に増減

完成品を他の輸出列で大量に品質検査のために送付することを宣言する企業

輸出入申告をその場でたくさん開く企業は、国内市場へ商品を販売するリスクの兆候を示す

企業は多くを輸入し、少数の宣言をエクスポートする

2021年12月31日に外注契約が終了したが、まだ完成品を申告している。

リスク管理を適用することに基づいて検査し、企業の法令遵守を評価する。

生産周期を過ぎても、輸出製品がない、企業は税関で各種の申告をする。

 

本日のまとめ

本日は税関調査に関するトピックでした。このリスクをもとにあなたの会社の税関リスクを事前に評価してみてください。