「来週、本社社長がベトナムで出張しますので、ベトナムビザお願いしますね。」

「え、」「よくわからない、、、。」(汗)

あなたは、もしかしたら、このような事を言われたことはありませんか?

こんにちは、マナボックスの菅野(すげの)です。

ベトナムにて、出張などで滞在する場合には、原則として、ビザが必要となります。これがないとベトナムに滞在できません。

参考記事:ベトナムのビザ・ワークパーミット(労働許可証)の取得の流れ 【まとめ記事】

 

本日は、ベトナムの空港にてビザを取得する方法を解説していきますね。

こんな悩みのある方にオススメ!

・ベトナムのビザのとり方についてどのような書類を用意していいか不安な方

・ベトナムビザを空港で申請の記載の方法がよくわからない方

・ベトナムの空港でどれくらい待つかよくわからず不安な方

ベトナムのアライバルビザ取得の大きな流れ

まずは、大きな流れから理解して、行きましょう。大きな流れから理解してしまえば簡単です。

①招聘状の入手

②ビザ取得申請書類の準備

③空港でのアライバルビザの入手

です。

それでは、それぞれ説明していきます。

ベトナムで、アライバルビザが取得できなかった!!!なんてサプライズが防止できますよ!

ステップ1「招聘状の入手」

入出国管理局が発行してくれる「招聘状」を入手します。

こちら、「招聘書申請書」を入出国管理局に提出し、入手する必要があります。パスポートや会社情報が必要となります。また、社長の署名、押印が必要となります。

申請書のサンプルが以下です。実際の申請書は、もう少しページがあります。

ベトナムで「招聘状」をするまでは、期間が結構かかります。1週間弱です。そのため、スケジュールをきちんと逆算する必要がございます。

下記が、「招聘状」の実際のサンプルです。 ベトナム語!

 

ベトナムアライバルビザの取得支援について

弊社では、ビジネス(商用)ビザのインビテーションレター(招聘状)の取得支援を行っております。 日本人とベトナム人による日本語でのサポート、発行が可能です。 以下リンク先を参照ください!

ビザ取得支援についてのご案内

 

ステップ2 ビザ取得申請書類を準備

次に、ビザを取得するための申請書類を準備します。

以下のリンクから取得することができますよ。

https://vietnamvisa.govt.vn/form-on-arrival.pdf

これ、到着時に空港で記載しても問題ないです。

しかし、初めての場合など不安なことが多いですから事前に準備することをオススメします!

顔写真が必要になりますのでお忘れなく!

記載内容については、フォームに従って記載すれば問題ございません。

普段お願いしているコンサル会社が、あればそこで事前にチェックしてもらうこともいいでしょう!

 

ステップ3 空港のVisaの受け取りセンターで受け取り!

VISA Application センターへ向かう。

いよいよ、あなたはベトナムに到着!

空港に着陸したらその足で、空港内のVISA applicationカウンターへ行きましょう!

時期にもよりますが、たくさんの人が並んでいる可能性もあります。

申請書類一式とパスポートを提出します。

センターの受付に、以下のものを提出します。

  • 「パスポート」
  • 「申請書類」
  • 「招聘状」

を提出します。

提出したら、審査、その間は、待つ、、、。ひたすら、、、。

 

一式を提出したら、カウンターで審査がなされます。その間、待ちます。Visa application受付のそばに椅子があるので、そこで座って待ちます。

時間は、混み具合にもよります。

だいたい20~40分かかりますね。意外と時間かかりますよね~。

読書やスマートフォンで、時間をつぶしましょう。

料金を支払い、そして、ついにビザの受け取り!

 

審査が終わったら、名前を呼ばれます。マイクで呼ばれるので、聞き逃すことはないと思いますが、気を付けてください。

そうしましたら、カウンターでビザのための料金を支払います。

シングルは1ヶ月・3ヶ月共に共に$25、マルチは1ヶ月・3ヶ月共に共に$50です。

実務上多いのは、3ヶ月マルチビザだと思います。

基本は、US$での払いですが、ベトナムドンでも支払いが可能です。為替が気になりますけどね。

支払いが終われば、ついにビザ取得!パスポートに以下のように添付されます。

アライバルビザはいい?メリットとは?

 

ベトナムのビザですが、東京や大阪の大使館でも取得することができます。

東京の大使館でビザを取得すれば即日発行です。しかし、大阪は2営業日を要します。

東京、大阪以外の地方の人は?

例えば、福岡、名古屋、仙台の人など、、、、。

実際に各大使館に行って申請するか、パスポートを大使館に郵送するなど、しないといけません。

どうです?

手間ですよね?移動の時間、かかりますし。

この場合、特にアライバルビザが、おすすめとなります。

★本日のまとめ★

・取得の流れ

招聘状⇒申請書⇒空港で受け取り

・準備するもの

  • 顔写真1枚(2cm×3cm・背景白)(ベトナムでいろいろ利用すると思うので何枚か常に持っておくと便利です。)
  • パスポート
  • 空港での申請費用($50)※USD現金払いが原則です。しかし、ベトナムドンでも大丈夫。
  • 「招聘状」
  • 「ビザ申請書」

・空港では意外と待つ。

いかがでしたでしょうか?簡単でしたでしょうか?意外と面倒と感じましたでしょうか?

マナボックスでは、ビザの取得支援もしております。

ビザでお困りの方は以下を参照ください。ご連絡お待ちしておりますね。

「ベトナムビザ、労働許可証・レジデンスカード個別相談」のご案内

弊社ではベトナムビザや労働許可証、レジデンスカードなどの人事関係に関する個別相談サービスを提供しております。
「駐在予定の駐在員は労働許可証取得できるか知りたい」
「長期出張でべトナムに行くが、どんなビザで行けばいいのか」
「どんな資料を日本で準備すればいいのか」など

お気軽に下記までお問い合わせください。
問い合わせ;legal.consulting@manabox.co.jp
料金:1時間:2万円(原則スカイプ)

「ベトナム労働許可証・レジデンスカード取得代行パッケージ」のご案内

弊社ではベトナム労働許可証、レジデンスカードの取得にかかるパッケージ取得サービスを提供しております。
お気軽に下記までお問い合わせください。
問い合わせ;legal.consulting@manabox.co.jp
費用;約1,600㌦ (該当者の各種上限により変動します。)


「日本での公証認証代行サービス」のご案内

労働許可証、レジデンスカード、会社設立等に必要な日本での公証認証はお任せ下さい。
弊社手数料;1人あたり4万5千円(2人目以降は3万円)
所要日数;資料受領後原則5日間
問い合わせ;legal.consulting@manabox.co.jp