こんにちは、マナボックスの菅野(すげの)です。

『ベトナムに会社作る―!働くー!』

今は、ベトナムは結構、盛り上がってますよね。これからもっと成長が期待できる国です。

本日は、ベトナムで働くための必要な『ワークパーミット』と『ビザ』の取得についての流れについて説明したいと思いますね。

ここで、留意しないといけないのが、ビザとベトナム労働許可書は、異なるということです。少し混乱されてる人もいるのではないかと思います。

この前提条件を明確にしないと混乱してしまいます。

【労働許可書(ワークパーミット)】
・ 外国人のベトナムにおける就労を認める許可書である。
・ベトナムで働くすべての外国人は、労働許可書の取得が義務づけられている(免除対象者を除く)。
・市・省の労働傷病兵社会事業局、または工業団地・輸出加工区・ハイテクパーク・経済特区の管理
委員会より発給される。

【ビザ(査証)】
・ ベトナムへの入国・滞在を許可する証明書である。
・現在のベトナムの法律では、日本人がビザなしでベトナムに滞在できる期間は、入国日を起算日と
して 15 日間であり、それを超える滞在の場合は、目的に応じたビザの取得が必要となる(ビザな
しの場合、パスポート残存期間が 6 カ月以上あり、直近でベトナム出国日から 30 日以上経過して
いることが条件)。
・出入国管理局、または他の管轄機関より発給される。

 

簡単言うと、①働くための許可と、②入国・滞在するための許可です。

ビザ・労働許可書の流れ その3つのステップとは?

 

まずは、大きな流れから見てましょう。実務上は、以下の3つのステップでそれぞれ取得します。

①商用ビザ(ビジネスビザ)通常3ヶ月で取得することが多いです。

②労働許可書(ワークパーミット)の取得

③一時在留許可証(テンポラリー・レジデンスカード)の取得※

え?レジデンスカードってなに?と思われると思います。

これは、例外を除き、労働許可書の取得対象者は、労働許可書の期限内でレジデンスカードの取得が可能です。

そしてのその有効期間中はビザの取得が免除されます。つまり、レジデンスカードはビザと同様の効果を持ちます。レジデンスカード=ビザというイメージで問題ありません。

 

まずは、ビジネスビザを取得する。≪ステップ1≫

 

実務上は、ビジネスビザ(マルチ)を取得して、3ヶ月間、ベトナムに滞在する権利を入手します。この間に労働許可書(ワークパーミット)及びレジデンスカードをベトナムで入手するイメージですね。

ビザ取得のためには、【ビザ招聘書】が必要となります。

これを取得するには、以下の書類の準備が必要です。

・企業登録証明書

・パスポート(コピーでかまいません。)

・6ヶ月以内に撮影されたカラー証明写真(3x4cm)

・ビザ招聘申請書

必要書類を準備して申請書を作成し、【ビザ招聘書】を入手します。一般的には、外部のコンサル会社に依頼することがほとんどです(特に進出時)。

このビジネスビザの入手方法ですが、2つございまして選択が可能です。

それは、日本国内での受け取りか、アライバルビザと呼ばれるベトナムの空港で入手する方法です。

・招聘書のサンプル

・ビザのサンプル

次に、労働許可書を取得する。≪ステップ2≫

 

これは大きく以下の2つの手続きに分類されます。

 

①外国人雇用の登録手続き⇒②労働許可書(ワークパーミット)の取得です。

外国人採用予定及び使用計画についての報告書を作成する。

法律で求められてる情報を記載し、報告する必要があります。

通常は、外部の専門のコンサルティング会社に依頼することになります。

労働許可書の申請

資料の準備!

労働許可書を申請するためには、さまざまな書類を準備する必要があります。

それは、労働許可書の3つの種類がございます。以下参照。

管理職/CEO 下記いずれかに該当する者下記いずれかに該当する者
・ 企業法の規定に基づく企業を管理する者、または機関・組織のトップ、またはそ
の者より委任を受けた者。
・ 機関・組織・企業の部門のトップで直接管理を行う者
専門家下記いずれかに該当する者
・ 着任後の職務を専攻分野とする大学での学位を取得しており、当該分野で 3 年以
上の勤務経歴を有する者。
・ 外国の機関・企業・組織が発行した専門家としての証明書を有する者。
技術者当該分野または他分野で3年以上の勤務経歴があり、外国企業で1年以上のトレーニ
ングを受けた者。

必要書類は、上記の3つの種類関わらず

●共通必要な資料

●種類によって個別で必要な資料に分類されます。

それぞれ、見ていきましょう。

①共通で必要な資料

上記の3つの種類にかかわらず、必要となる書類です。

・パスポート(ベトナムで公証)

・企業登録証明書(ERC)(ベトナムで公証)

・外国人雇用に関して人民委員会が発行した承認証明書(コピーでOK)(上記手続きの結果)

・6か月以内に撮影されたカラー証明写真

・最新1年以内の健康診断証明書(実務上は、ベトナムの病院で取得することが多いです。)

※日本の健康診断でも可能です。しかし、それをベトナム語に翻訳・公証する必要があり、また実際にベトナムの当局が承認するか疑問が残ります。したがって、ベトナムの指定病院で受診するほうが賢明です。

・無犯罪証明書(実務上は日本で取得することがほとんど。ベトナムで取得が必要な場合もあります。)

⇒取得手続きの詳細は、日本の警視庁のHPで確認できます。

②労働許可書の種類(管理者・専門家・技術者)によって異なるな資料

それぞれ、準備しなければいけない資料が異なります。

●専門家の場合

1)日本本社からの専門家確認証明書 or(専門に関する免状)

2)実務経験証明書(日本本社から証明され、経験が3年間以上であることが必要です。)

3)日本本社からの任命書

●管理者の場合

1)実務経験証明書

2)任命書(日本本社またはベトナム会社)

※日本本社からの任命書である場合には、公証が必要。

 

それぞれ、日本側で公証が必要になるのでご留意ください。公証についての手続きについては以下に記載しています。

ベトナムのワークパーミット(労働許可書)取得のために“日本側”でするべき事とは?

 

書類がそろった!次は労働局に申請

必要な書類(公証済みも含む)がそろった後は、申請書を労働局に提出します。

審査に、半月程度かかります。役所とのやり取りも発生します。

結構時間かかりますね、、、。

 

テンポラリー・レジデンスカードの申請・取得。≪ステップ3≫

 

ステップ1とステップ2で、労働許可書(ワークパーミット)を入手しました。

次は、一時在留許可証(テンポラリー・レジデンスカード) を入手するための手続きの流れです。

実務上は、2年のケースが多いと思います。

以下の書類を準備する必要があります。

・ビザ/レジデンスカード発給申請書 (※第3者に委任する場合には委任状も。)

・労働許可書(ワークパーミット)ステップ2で入手したもの。

・パスポート(原本)(※実務上、1週間ほど預けることになります。)

・ベトナム滞在確認書(アパートオーナーさん又はホテルに依頼すればもらえます。)

・6ヶ月以内に撮影されたカラー証明写真(2x3cm)

必要な書類を準備したら、出入国管理局、またはその他当該管轄機関に提出します。

その後、約1週間に問題がなければ、(テンポラリー・レジデンスカード)が発行されます。

 

無事、テンポラリー・レジデンスカードを入手!

 

これで、あなたは、なにも気にせずベトナムで一生懸命働けます!

 

このレジデンスカード、小さなカードで、パスポートとは独立しています。

したがって、紛失する可能性もあるので、なくさないように注意しなければいけません。

 

★本日のまとめ★

 

・ベトナムで働くためには、労働許可書(ワークパーミット)とビザが必要

・ワークパーミットとビザは違う

・大まかな流れ ①商用ビザ(ビジネスビザ)⇒②労働許可書(ワークパーミット)の取得⇒③一時在留許可証(テンポラリー・レジデンスカード)の取得※

・意外と時間がかかる。ベトナム語での役所とのやり取りが必要。

 

いかがでしたでしょうか?

本日は、ベトナムの労働許可書及びビザの取得の流れについて解説させて頂きました。

あなたがベトナムビジネスでうまくいくことを祈っていますね!