こんにちは、マナボックスの菅野(すげの)です。

「頂いた月次決算書なのですが、試算表と損益計算書があってません。間違っていませんか?」

ベトナムにいると、こんな質問をよくうけます。

これ、経理の知識のある方は、気になって仕方がないと思います。

通常、試算表とPLとは一致するはずです。

しかし、ベトナムではそうはいきません。

なぜでしょう?

本日は、なぜ、試算表とPLは一致しないのか?という点について解説していきたいと思います。

911という、なぞの勘定があります。

以下のリンク先を参照ください。

ベトナムの損益計算書のなぞの勘定科目911とは?

なぜ、試算表と一致しないのか?

それは、借方発生額と貸方発生額の差額である純額の金額を911に移転しているからです。

ただ、これ言葉だとわかりにくいですよね。

具体例と表で整理していけば簡単ですよ。

・一般管理費が、5,000発生しました。(借方)

・その後なんらかの調整で、1,000。(貸方)

この場合、PLの金額はいくらになるでしょう?

 

 

差額の4,000ですよね。

しかし、ベトナムの試算表は違います。

上述の通り、911があるんですね。差額の4,000が911に移転されます。

したがって、試算表で販売管理費の勘定を見ると、借方5,000、貸方5,000となるんですね。(残高はゼロです。)

一見すると5,000が販売管理費の金額に見えてしまいます。

このように、借方と貸方で金額が生じる場合は、PLと試算表の金額で相違が生じてしまいます。

ベトナムの試算表、少し厄介ですね。仕訳帳までみる必要がありかもしれません。

本日は、ベトナムの試算表とPLでなぜ、金額が違うのか?ということを解説させて頂きました。

あなたが、ベトナムの会計をきちんと理解して、会社の実態を読み取れるようになることを祈っていますね。会計から会社の実態を読み解く!大事です。

ベトナム会計についてモヤモヤはございませんか? ベトナム歴9年の日本公認会計士と製造会社の経験豊富な日本国公認会計士が、その悩みを解消いたします! 詳細は下記を参照ください。 ↓↓↓↓↓