こんにちは、マナボックスの菅野です。

この記事はこんな人のために書いています。
  • ベトナムに現地法人があり、税務で電子申告・納税をしたい。
  • そのための手続きを知りたい。
  • 電子申告するための登録の大まかの流れを知りたい。

この疑問を解決していきます。

ベトナムで、会社が税務申告・納税する場合には、電子申告が一般的です。したがって、通常、設立後にこの手続きを実施することになります。

本日は、マナボックスで、会計・税務のコンサルティング支援の責任者である、Thu さんに質問していきたいと思います。

スポンサーリンク

ベトナム電子申告・納税を登録するための大きな流れ

菅野 智洋
菅野 智洋
Thu さん、こんにちは!

ベトナムにおける税務の電子申告・納税するための登録手続きについて教えてください。

まずは概要ですね。


 

はい。

了解です。

ベトナムでは、最近、電子納税申告システム「eTax」も導入されたばかりですしね。日系企業のような外資系企業であれば、電子申告を利用しているのがほとんどですよ。
Thu
Thu
Thu
Thu
めちゃくちゃ!

シンプルに、抽象的に説明すると以下です。

  • トークンを買う。
  • 税務ウェブに登録する。
菅野 智洋
菅野 智洋
確かにシンプル!

でも、もう少し具体的に教えて……。

はい。

そうですね。

ステップは3つです。

Thu
Thu

STEP1:電子トークンを購入する。

STEP2:“申告”するための税務ウェブサイトに登録する。

STEP3:“支払い”を可能とするために税務ウェブサイトに登録する。

登録するための大きな流れは上記の通りですね。

それぞれ、もう少し細かく見てみましょう!

Thu
Thu

STEP1:電子トークンを購入する

 

Thu
Thu
電子トークンは、USB型のトークンです。パソコンに挿入して利用します。

これは、専門の業者からから購入します。

FPT、Viettelなどが有名ですね。

期間によって値段が違いますが、そんな高くないです。100USD~200USDが目安です。

会社設立後に購入するケースがほとんどです。電子トークンのイメージは以下を見て。



 

 

STEP2:“申告”するための税務ウェブサイトに登録する

 

菅野 智洋
菅野 智洋
ベトナムで電子申告するためには、電子トークンが必要なんですね。

次のステップは?


 

 

はい。

次からは、電子申告を可能とするための手続きです。


税務ウェブサイトから、電子トークンのコードの登録手続きを実施します。

電子トークンは、署名と同様の意味合いを持つため大事ですね。

簡単にウェブのイメージを見てみましょう。

 

Thu
Thu


STEP3:“支払い”するための税務ウェブサイトに登録する

菅野 智洋
菅野 智洋
“申告”のための登録が完了しました!

この時点では、社長による紙ベースの署名などないんですね。

そうですね。経理スタッフや会計事務所が代行することが多いかな。

次は、“納税”するための登録手続きです。

細分化すると、以下のようになります。

Thu
Thu

1: 税務ウェブサイトにログイン

現在は以下のようです。

税務ウェブサイト

2:必要情報を入力(主に会社名や銀行情報(支払いとして使う銀行)など。)

3:電子トークンを差し込み、読み込ませます。form 01/ĐK-TĐTというフォームが自動生成されます。その後電子トークンで承認。

4:銀行へ提出する申込書をシステムから紙面にてダウンロードする。

5:GDが署名し、指定の銀行へ提出(紙面)

Thu
Thu

入力する情報は以下のような情報です。

あと、銀行に提出する、申込書のサンプルを貼っておきますね。



 

 

【銀行へ提出する申込書】

菅野 智洋
菅野 智洋
今日は、ありがとうございました!

日本もe-Taxっていう電子申告の利用を推奨しています。個人事業主も含めて。

まだまだ100%じゃないけど、進んでるみたい。

Thuさん、最後に簡単にまとめてもらっていいですか?

はい。

ベトナムでは税務(CIT,VAT,PIT,FCT)申告が電子でできる。

そのためには、以下が必要

・電子トークン

・税務ウェブサイトへ登録(申告及び納税(支払い)

・支払いの場合の登録は、銀行へ紙面の提出も必要。
Thu
Thu