ベトナムの国会は2019年11月15 日、2020 年の最低賃金を定めた政令90 号(90/2019/ND-CP)を公布しました。

 

この記事はこんな人のために書いています。
  • ベトナムでビジネスをしている。
  • ベトナム進出を考えている。
  • 人件費が気になる。

 

スポンサーリンク

ベトナム2020年の最低賃金は?

同政令決めれたた地域別の最低賃金額は以下の通りです。

今回は、平均約5.5%の上昇率となっています。(昨年の157/2018 / ND-CPは、平均5.3%です。)

金額にすると、150,000 to 240,000 VND / 月増加ですので、月当たり700円から1,200円増加するということになります。

Article 3. Region-based minimum wagesによれば

  • 第1種:442万VND (約2万2000円)
  • 第2種:392万VND (約1万9000円)
  • 第3種:343万VND (約1万7000円)
  • 第4種:307万VND (約1万5000円)

となり、2020年1月から適用されます。

なお、上記の最低賃金が適用されるのは、職業訓練を受けていない労働者に対しです。訓練を受けていてスキルがある従業員については、上記より7%以上を上乗せしないといけません。

ただ、日系企業は、最低賃金よりは大きな金額で採用しているケースが多いですから、実質的に影響がないと思います。

上昇率5.5%は高いのか?

2018/8/14の日経新聞によれば……。

2019年の最低賃金を5.3%引き上げると決めた。

上昇率は3年連続で過去最低を更新する。東南アジアの他国との企業誘致競争が激化するなか、外資企業が進出しやすいように配慮した。ただ物価上昇も続いており、労働者の不満が高まりそうだ。

今回も5.5%なので、そこまで高くないのかもしれません。

 

過去の最低賃金を比較レビューしてみる。

 

以下の通りとなります。(単位はVND)

 

地域

2016

2017201820192020

第1地域

350万375万398万418万

442万

第2地域

310万332万353万371万392万

第3地域

270万290万309万325万343万

第4地域

240万258万276万292万307万

年々伸びていますね。

参考記事:ベトナムの最低賃金の引き上げと経営への影響 No.141/2017/ND-CP

ベトナムという国の経済の成長と比例しています。

例えば、GDP成長率やCPI(消費者物価指数)です。

※消費者物価指数とは、消費者が購入する個々の商品の価格変化を総合したものです。

参考:https://www.google.com/publicdata/explore?ds=d5bncppjof8f9_

GDP

CPI

こうしてみるとGDPやCPIにおおむね比例しているということがわかりますね。

 

海外子会社の経営者が考慮すべきこと

ベトナムの人件費はこのまま上昇していきそうです。そうすると、単純に利益が圧迫されてしまいます。経営に大きな影響を与えてしまいますよね。

そのため、将来のための準備をしておく必要があります。

例えば、

などです。今からの準備が大事になると思っています。ゆでガエルにならないでくださいね。私も、この時期はいつも悩んでいます。

本日は、ベトナムの最低賃金について解説させて頂きました。