この記事はこんな人のために書いています。
  • ベトナム子会社の会計・経理に携わっている。
  • ベトナムで社長をやっている。管理系の職種についている。
  • ベトナムの勘定科目のファイナンスリース取引の勘定科目について詳しく知りたい

参考記事:【図解あり】ベトナムの勘定科目コードを徹底解説!覚えるための2つのコツと9つの疑問点【保存版】

スポンサーリンク

212とはどんな勘定科目?

『ファイナンスリース資産』です。

ファイナンスリースは、一応は固定資産をお金で借りるという形をとっているが、実質は分割払い購入と同じ取引を言います。利用者(借り手)が選んだ固定資産をリース会社が購入し、貸与する取引とも言います。

ざっくりと図解すると以下のようになります。

※所有権移転などの細かい話は、この記事ではしません。

Circular No. 200/2014/TT-BTCでは、上記の科目は、以下のように勘定科目コードが定められています。2つに細分化されていますね。

勘定コード英語日本語
212Finance-lease fixed assetsリース資産
 2121

 

Finance lease tangible fixed assets

ファイナンスリース有形固定資産
2122Finance lease intangible fixed assets

ファイナンスリース無形固定資産

212の具体的な勘定科目の内容は?よくある取引の仕訳のパターンも解説!

さらに深く踏み込んで見ましょう。よりイメージできることが大事です。

なぜならば、財務諸表は、ビジネス活動→取引→仕訳の積み重ねだからです。

参考記事:【徹底解説】BS(貸借対照表)とPL(損益計算書)はこれで動く!会計仕訳を2つのグループと10つのパターンと図解でおさえればスッキリ!

上記で記載したように、212は、212*というように細分化されます。

2112は、有形固定資産のファイナンスリース

建物や構築物を取得した場合には、この勘定を使います。

よくある取引一覧

  • 機械設備

2113は、無形固定資産のファイナンスリース

ソフトウェアなどをファイナンスリース 取引で借りた場合には、この勘定を使います。

よくある取引一覧

  • ソフトウェア

実務上はほとんど使いません。

・ファイナンスリース 取引を行った

ベトナムでのファイナンスリース取引事情

ベトナムでのファイナンスリース取引の規模は小さいようです。ファイナンスリース会社の数も他国と比較すると少なく、ファイナンスリースについて知らない企業も多いようです。

多くの専門家によれば、国内では中~長期の銀行融資が受けにくい中小企業が大半を占めるようです。このような場合、特に機械設備などの需要は大きいため、ファイナンスリースがきわめて適しているという意見もあります。

今後はもっと増えるかもしれません。ただ、実務上も利用している会社は少ない印象です。

本日は、ベトナムの勘定科目であるファイナンスリースについて解説させていただきました。

勘定科目を深く理解すると言うことはとても大事ですよ。なぜならば、財務諸表は、あなたの健康診断書であり、通信簿であるからです。

財務諸表から、ビジネス活動をイメージするとなにか新しい発見があるはずですよ!是非、試してみてください。