こんにちは、すげのです。

この記事はこんな人のために書いています。
  • 借入金の返済をすると費用が増えるので不安だ
  • 会計をわかりやすく理解したい

このようなお悩みにお答えします。

スポンサーリンク

【結論】借入金を返済しても費用は増えません。

借入金の返済をしても費用は増えません。したがって、利益には影響をあたえません。

これが結論です。

これについてちょっと深掘りして解説していきます。

なぜ、借入金の返済を費用と思ってしまうのか?

こちら考えてみました。

その理由は、シンプルです。それは、お金が減るからです。

お金が減ると言うことは、コスト、費用と思ってしまうのですよね。なんとなく感覚的にわかります。

会計の基礎をおさえれば、スッキリ理解できます。

これを理解するためには、やはり、会計の基礎知識をおさえる必要があります。難しそうに聞こえるかしれませんが、簡単です。

数学的な知識は、足し算、引き算、割り算、掛け算のみだからです。

ポイントをお伝えしますね。

取引には2つの側面がある。

5つのボックスをイメージする。

この二つです。

取引があったら2つの側面がある。

なにか取引した時には、2つの側面がある。これをイメージできるようになりましょう。

例えば…。

コーヒー屋さんで、コーヒーを買いました。

コーヒーを受け取った。

お金を払った。

トヨタの車を買った。

車を保有した

ローンが増えた

人間も裏と表ってありますでしょう?そんなイメージでもいいです。

以下の記事でも説明しています。

参考記事:経理の専門じゃない人が仕訳を理解するための2つの視点と5つのボックス

会計は簡単、5つの要素しかないから。

「経営に必要な、会計は難しくない。」

って言っても、まだ信じられないですよね。

でも、シンプル化すると、5つの要素しかないのです。

  1. 資産、
  2. 負債、
  3. 純資産、
  4. 費用、
  5. 収益

です。

参考記事:【徹底解説】BS(貸借対照表)とPL(損益計算書)はこれで動く!会計仕訳を2つのグループと10つのパターンと図解でおさえればスッキリ!

図解は以下です。5つの箱です。

この5つの箱をイメージしたら、当てはめです。

借入金の返済を日本語に分解します。2つの視点が大事が大事でしたね。

・お金が減る。

・借入金という負債が減る。

です。

以下のようになります。

どうでしょう?

PLが出てきませんね!

したがって、費用は増えません。

と言うことになります。

以下で動画も作成しました〜!

⭐️本日のまとめ⭐️

今日は、借入金の返済は、費用なのか?というテーマでお話させて頂きました。

結論は、費用は増えません!でした。

ですが、思考プロセスについてお話させて頂きました。

  • 側面が2つあるね。
  • 5つの箱があったな。

というイメージで問題ありません。慣れてくれば、当てはめも楽しくなるはずですよ。

是非実践してみてください。