この記事はこんな人のために書いています。
  • ベトナム子会社の会計・経理に携わっている。
  • ベトナムで社長をやっている。管理系の職種についている。
  • ベトナムの勘定科目の借入金・社債について詳しく知りたい

参考記事:【図解あり】ベトナムの勘定科目コードを徹底解説!覚えるための2つのコツと9つの疑問点【保存版】

スポンサーリンク

341、343とはどんな勘定科目?

『借入金』及び『社債』です。

銀行借入とか親子ローンとかがイメージしやすいかなと思います。

Circular No. 200/2014/TT-BTCでは、上記の科目は、以下のように勘定科目コードが定められています。

勘定コード英語日本語
341Borrowings and finance lease liabilities借入金及びリース債務
 

3411

Loan

借入金
3412

Finance lease liabilities

リース債務

 

343

Issued bonds

社債 
 

3431

Ordinary bonds

 普通社債 
 

34311

Par value of bonds

債券の額面
 
 

34312

Bond discounts

社債発行差金 
  

34313

Bond premiums

社債発行差金 
 

3432

Conversion options on convertible bonds 

転換社債 

 

341及び343、具体的にどんな取引?よくある取引の仕訳のパターンも解説!

さらに深く踏み込んで見ましょう。よりイメージできることが大事です。

なぜならば、財務諸表は、ビジネス活動→取引→仕訳の積み重ねだからです。

参考記事:【徹底解説】BS(貸借対照表)とPL(損益計算書)はこれで動く!会計仕訳を2つのグループと10つのパターンと図解でおさえればスッキリ!

341は、借入金及びリース債務です。

通達によれば、以下のように2つに細分化されます。

  • 3411:借入金
  • 3412:ファイナンスリース債務

まず、借入金(3411)です。例えば、親会社からの借入金や銀行からの借入金です。ベトナムは利率が高いので実務上は、親子ローンが多いです。

返済期限1年未満の借入金は短期借入金です。1年超の場合は、長期借入金です。

短期借入金の場合は、借入金契約書のみで銀行送金が可能です。一方で、1年以上の場合は、外資系企業の場合、IRCに予め登録した枠内で借入をすることが可能です。また、中央銀行に登録及び報告する必要がありあす。

実務上、日系企業が使用する頻度は高いです。

この点は留意する必要があります。

参考記事:ベトナムでの借入金 2つの種類とは?

ベトナムの投資登録証明書(IRC)をどこよりも詳しく徹底解説! 【保存版】

次に、ファイナンスリース債務(3412)です。

ファイナンスリースとは、ユーザー(借手)がチョイスしたモノを、リース会社(貸手)が購入し、賃貸する取引のことをいいます。

ちょっと難しいですけど、実態は借入と同じでしょうということで、借入金と同じように処理されます。

実務上はそこまで頻度が高くありません。

・借入金契約をしてそれが入金された。

・借入金を返済した。

343は、社債です。

通達によれば、以下のように4つに細分化されます。

  • 34311:社債額面
  • 34312:社債発行差金(ディスカウント発行)
  • 34313:社債発行差金(プレミアム発行)
  • 3432:転換社債

まず、社債系(3431,2,3)です。

社債とは、企業が必要となる資金を調達するために発行する「債券」のことを言います。社債を発行した場合には、この勘定を使います。借入金のイメージでも大丈夫です。

詳しくは説明しませんが、額面(10,000)より低い金額の場合、例えば9,000で設定した場合には1,000の社債発行差金(ディスカント発行)で処理します。最終的に10,000を返済するので入金との差額1,000は費用として処理されることになります。(厳密には償却を通じて徐々に費用)

逆に、額面(10,000)より高い金額で入金される場合、例えば12,000で設定した場合には2,000の社債発行差金(プレミアム発行)で処理します。

次に、転換社債(3432)です。これは、その名の通り転換できる社債のことです。

一定の条件で株式に転換できる権利(株式転換権)が付与されていいます。お金を出してくれた人が、株式(出資者)になりたいと思ったら社債から株式に変更できるのです。権利行使などと言ったりします。

・社債を発行した

・社債の期間が終了し返済した。

本日は、ベトナムの勘定科目である借入金、社債について解説させていただきました。

勘定科目を深く理解すると言うことはとても大事ですよ。なぜならば、財務諸表は、あなたの健康診断書であり、通信簿であるからです。

財務諸表から、ビジネス活動をイメージするとなにか新しい発見があるはずですよ!是非、試してみてください。